We Accept Order in English!!Ship to all over the world from Japan!
ENGLISH / 日本語

ジャスミンライスの炊き方・通販・レシピ

商品数:7215種類、179245個 レビュー:42916件
ジャスミンライスの炊き方・保存方法・美味しい食べ方 - TIRAKITA.COM
menu
新入荷・再入荷新入荷・再入荷
レトルト食品レトルト食品
特集特集
ボトル   スパイスボトル   スパイス
簡単!   初めてセット簡単!   初めてセット
ピクルス・チャツネ・野菜缶詰ピクルス・チャツネ・野菜缶詰
米・豆・麺類米・豆・麺類
インド食材インド食材
タイの食品・食材タイの食品・食材
カレーペースト・パウダーカレーペースト・パウダー
チャイチャイ
コーヒー・ヨギティコーヒー・ヨギティ
ハーブティ・ジュースハーブティ・ジュース
調味料・オイル・ドレッシング調味料・オイル・ドレッシング
オーガニック製品オーガニック製品
ハラルハラル
岩塩岩塩
スーパーフード・ はちみつスーパーフード・ はちみつ
お菓子   スナックお菓子   スナック
スパイス別スパイス別
インスタント麺インスタント麺
アジア食材アジア食材
北中南米食材北中南米食材
アラブの食材アラブの食材
ヨーロッパの食材ヨーロッパの食材
メーカー別メーカー別
変わりもの食品変わりもの食品
食品・食材関連本食品・食材関連本
食器食器

色々な条件で選ぶ
How ToHow To
インド料理の作り方インド料理の作り方
セール品-アジア インド食材セール品-アジア インド食材
メーカーで選ぶメーカーで選ぶ
価格で選ぶ価格で選ぶ
新入荷・再入荷新入荷・再入荷
送料無料送料無料
食器類食器類
分類別一覧

  • ジャスミンライスの炊き方・通販・レシピ(10)

    ■ジャスミンライスとは

    ジャスミンライスはインディカ米(通称タイ米)の長粒種のお米で「香り米」とも呼ばれ、タイ米の中でも最高級のお米になります。日本でいうところのコシヒカリやササニシキでしょうか。
    ジャスミンライスは、ジャスミンの香りがするわけではなく、モミの色が白くジャスミンに似ていることからジャスミンライスと呼ばれるようになりました。タイ語では「カォ・ホンマリ(香り米)」と呼ばれています。

    ジャスミンライスの特徴は甘く洗練された香りがし、食べると独特な甘さを感じるところです。インディカ米を主食とする地域では、日本のようにお米をそのまま食べるのではなく、カレーなどの汁物に付けて食べたり、チャーハンやピラフなどのように、他の具材と炒めて食べるのが一般的です。
    ジャスミンライスは特にタイ米の中でも香りが強いので香辛料を使った食事と相性抜群です。また、炊き上がる瞬間に芳しい香りを発することからジャスミンライスの本当の香りは料理した人しかわからないと言われています。

    世界のお米は「インディカ米」とジャポニカ米」の2つが主流

    現在世界では「インディカ米」「ジャポニカ米」の二つが主流になっています。

    「ジャポニカ米」はその名の通り、日本で主食とされているお米になり、アジアを中心とする韓国やアメリカなどでも収穫されています。ジャポニカ米は炊くと甘みと粘りが出るのが特徴で、そのまま食べても美味しいです。

    「インディカ米」は、インドを中心に、ベトナム、中国とアメリカなどで栽培されています。長細い形をしており、粘りは少なくパサパサした食感が特徴です。スパイスをたっぷり使ったカレーや味の濃いおかずによく合います。なんとインディカ米は、世界の米生産量の80%以上を占めており、世界に存在するほとんどのお米がタイ米になります。

    ジャスミンライス(香り米)とインディカ米(タイ米)の違いとは?

    インディカ米(タイ米)は、タイ米そのものの品種を表す総称です。その中の品種の1つがジャスミン米(香り米)で、タイ米の中でジャスミンライスは最上級、最高級のタイ米ということになります。

    タイ米のトップがジャスミンライスなのです。

    では最高級のタイ米であるジャスミン米と他のタイ米はどのような違いがあるのでしょうか?

    違いは、味・粘り・香りにあります。他のタイ米は粘りが弱く香りが少なくさっぱりとした味わいです。一方のタイ米の最高級品であるジャスミン米は、甘味が強く他のタイ米に比べ粘りもあります。ジャスミンライスの方が香りも強く味わいのあるお米として高い評価を受けています。

    その美味しさから、世界の高級料理店などでもタイ米を使う時はジャスミンライスを使っているところがほとんどです。

    ■ジャスミンライスの歴史

    ジャスミンライス(香り米)が初めて栽培されたのは、紀元前4世紀に成立したマウリヤ朝統治下のインドであったとされています。当時からジャスミンライスは高級品種として富裕階級の間で流通していました。
    当時のジャスミンライスは、イネ全体からその独特な香りがしたと言われています。

    ■ジャスミンライスがまずいはもう過去の話!

    ジャスミンライスである、タイ米は美味しくないから好きじゃない!という人が多く、「タイ米=まずい」というイメージが持たれがちですが、どうしてそのような印象を持たれるようになったのでしょうか?

    その理由にはこんな背景があるからなんです…

    今から30年以上も前に、悪天候が続き日本は大規模なコメ不足に悩まされていました。その時の対策として、政府が安い価格で輸入したのがタイ米でした。しかも、大量に輸入でき価格の安い備蓄用の最低品質のタイ米は、香りも悪く乾燥してパサパサ…。

    粘り気があって甘みのある日本のお米になれていた日本人は、「こんなお米食べれたもんじゃない!」と驚き、タイ米=まずいという印象が出来上がってしまったんですね。

    ましてや、日本のお米に正しい炊き方があるように、タイ米にも正しい炊き方があります。当時はタイ米を日本式で焚いていたのでより、タイ米の美味しさが失われ味を損ねる原因にもなっていました。 しかし、本来のタイ米は香りもよく、味わい深い美味しいお米です。品質の良いタイ米が流通するようになったこともあり現在では世界でも評価が高く、あらゆる国で食べられています。

    特に、最高級のジャスミンライスである「ゴールデンフェニックス」は日本人にも人気が高く美味しいと評判で、ティラキタでも人気のジャスミンライスです。

    タイ米は美味しくないとイメージを持って、タイ料理屋さんでタイ米を使った料理を食べた際に驚いた方も少なくないはずです。特に最高級品であるジャスミンライスは香りがよく程よいパラっと感がおかずやカレーによく合いジャスミンライスの方が好き!なんて方もいるほど。

    ■ジャスミンライスの炊き方

    日本の炊飯器で炊く場合

    ジャスミンライスを美味しく炊くためにはいくつかのポイントを押さえておきましょう。

    ・お米を研がない
    ・浸水させない

    まず重要なポイントが「お米を研がない」ということです。日本のお米はぬかのニオイやもみ殻などの汚れを落とすためにお米を研ぐ必要がありますが、ジャスミンライスはヌカのニオイが弱く、お米の表面に一番香りが付いているため、研いでしまうことにより逆にジャスミンライスのいい香りやビタミンがなくなってしまいます。

    お釜にジャスミンライスを入れたらお水を注ぎ、表面のゴミを除くために優しくかき混ぜて水を捨てるだけで大丈夫です。

    次に重要なのが、「水に長時間浸けておかない」ということ。日本のお米は美味しく炊くためにしばらくお水に浸けておくのが一般的ですが、ジャスミンライスはその必要はありません。むしろ浸けておくのはジャスミンライスの良さを損ねてしまう原因にもなります。

    ジャスミンライスは日本のお米に比べ水をよく吸う性質があります。そのため水に浸けてしまうと、お米が柔らかくなり欠けてしまったり、ジャスミンライスの特徴であるパラパラした食感が台無しになってしまいます。最悪、炊き上げたときにお餅のように固まってしまうことも…。

    炊飯器で炊く場合は、ジャスミンライスを軽くすすぎお米とお水1:1の割合で、炊いていきます。炊き終わったあとは5分から10分ほど蒸らすとしっとりとして日本人でも食べやすい食感になります。

    フライパンで炊く方法

    ジャスミンライスはフライパンでも簡単に炊くことが出来ます。炊飯器で炊く時と同じように、お米とお水は1:1の割合にしましょう。

    軽くすすいだジャスミンライスとお水をフライパンにいれ、弱めの中火で12分~13分ほど炊いていきます。ブクブク沸騰してきたら、火を止め5分ほど蒸らして完成です。炊いている間はジャスミンライスのいい香りが漂い食欲をそそります。

    ジャスミンライスを美味しく炊く湯取り法」

    ジャスミンライスなどのタイ米には、専用の炊き方があります。その方法が「湯取り法」といって、日本のお米とはまったく異なる炊き方です。炊飯器で炊くのに慣れてきたらぜひ、本格的な湯取り法で炊いてみましょう!

    まずお鍋にたっぷり水を張り、お湯を沸かします。お湯が湧いたら、軽く洗っておいたジャスミンライスを入れ焦がさないように、軽くかき混ぜながら7~8分ほど煮ていきます。タイ米は「炊く」のではなく、「煮る」のが正しい方法なのです。

    8分ほどたったら一度味見をして、少し芯が残る状態になったら一度火を止め残っているお湯を切ります。そのあと再度火をつけ、弱火にして鍋に残った水分を飛ばしていきましょう。お米が始めるようなパチパチした音を出し始めたら火を止めてフタをし、10分ほど蒸らして完成です。

    この湯取り法は一度に大量のお湯で炊くため、パサパサとした食感もなく、しっとりとした食感になります。香りもしっかりしお米の味が際立つので慣れるまでは難しいかもしれませんが挑戦してみて下さい。



    ■ジャスミンライス(タイ米)は健康にもいい?

    ジャスミンライスと日本のお米ではどのような違いがあるのでしょうか?

    ジャスミンライスなどのインディカ米(タイ米)は、お米に含まれるでんぷんの中にあるアミロペクチンという成分の量が多く、消化吸収に時間がかかります。そのため、日本のお米よりも腹持ちがよく、ゆっくり消化吸収されるため、食後に血糖値をあげるGI値が日本米88に対しインディカ米は50と血糖値が上がりにくい特性があります。

    そのためインディカ米は糖尿病をはじめとした生活習慣病になりにくいことが分かっています。

    カロリーを見てみると、お米100gにつき、インディカ米が354kcal、日本米が356kcalカロリーで、インディカ米の方が2kcalほど低くなっています。たかが2kcalと言えど毎日食べるお米は長期的に考えると結構な差になってきます。

    ■ジャスミンライスの保存方法

    タイ米は常温で保存しておくと、カビや虫が湧きやすくなります。特にタイ米は保存方法に注意が必要なので、しっかりと正しい保存方法を覚えておきましょう。

    常温の場合

    ジャスミンライスを常温で保存する場合は、密閉できる瓶や米びつなどに入れ、直射日光の当たらない風通しの良い場所に置きましょう。湿度が高い場所に置くと、虫やカビが発生する原因になってしまいます。

    また、長い期間の常温保存はおすすめできません。特に夏場や梅雨時期は湿気も多く常温で保存してしまうとカビが生えたりお米の味が落ちやすくなります。常温で保存したい場合は約1ヶ月を目安に食べきるようにしましょう。

    冷蔵の場合

    お米は冷蔵保存がもっとも適していると言われています。お米の保存に適した温度は、10℃ほどで、冷蔵庫や野菜室がおすすめです。常に一定の温度と湿度が保たれているので、長期保存でも味が落ちにくくなります。

    ただし、冷蔵保存する際はジャスミンライスの香りが他の食材につきやすくなるため、しっかりと密閉して保存するようにしましょう。密閉出来る容器ならカビの発生も防ぐことが出来ます。ジップロックの袋やタッパなど密閉性が高い容器で保存するようにしましょう。期間は約半年ほど保存が可能です。

    冷凍の場合

    ジャスミンライスの冷凍保存はお米に含まれた水分が凍り、ひび割れを起こす可能性があります。炊きあがりの見た目が悪くなったり風味が落ちる原因にもなりますので、冷凍保存はおすすめしません。ただ、虫が湧きにくくなる方法として、一晩冷凍し、その後は冷蔵庫や野菜室に移して保存する方法もあります。どちらにしても密閉して保存するようにしましょう。

    ■ジャスミンライスの美味しい食べ方

    鶏の旨味が凝縮!カオマンガイ

    ジャスミンライスを使った料理でも、特に有名なものが「カオマンガイ」です。カオマンガイとは、ジャスミンライス(タイ米)を鶏の油で炒めた後、鶏のスープで炊き込んだご飯の上に、蒸し鶏のぶつ切りをのせた料理で甘辛いタレをかけて頂きます。
    “カオ”は米、“マン”は油、“ガイ”は鶏の意味。

    ふっくら蒸された鶏肉とジャスミンライスのいい香りと鶏の旨味がたっぷりしみ込んだご飯は最強のコンビ!さっぱりしていてくどくないのでいくらでも食べれちゃいます。付け合わせの鶏のスープがまた絶品です。

    スパイスのたっぷり効いたカレーと

    独特の香りがあるジャスミンライスは、スパイスをたっぷり使ったインドやネパール、タイなどのカレーと相性抜群!ジャスミンライスがパラパラしているので、汁気のあるカレーと食べると丁度いい食感になります。ココナッツミルクの甘さとジャスミンライスは良くあうのでグリーンカレーなどのタイカレーと一緒に食べると病みつきになりますよ。

    味の濃いおかずと

    あっさりとしたジャスミンライスは、味の濃いおかずとも相性ばっちり。ナンプラーとたっぷりのニンニクで炒めた鶏とカシューナッツの炒め物や、スパイシーなタンドリーチキンなどのお肉料理は特におすすめです。

    チャーハンやピラフにしても

    ジャスミンライスの特徴でもあるパラパラした食感を利用した、チャーハンピラフなどの炒めご飯もおすすめ!普通のチャーハンもおすすめですが、カレー粉やスパイス、ナンプラーで味付けをしたエスニック風チャーハンも美味しいですよ。

    米【800g/1Kg/5Kg】

    エスニックにはかかせないタイライスやジャスミンライスなど、様々なお米をご用意いたしました。
    800g、1Kgと5Kgとあります。
    ジャスミンライスの炊き方・通販・レシピを買った人はこんな商品も買っています

    ジャスミンライスの炊き方・通販・レシピの関連カテゴリはこちら
    箸とスプーンタイ特産のチーク材の組木箸と組木箸置きなど
    プレート・小皿カレー皿や小皿
    カレーパウダー本場の味に手を加えて自分らしく
    インドのレトルトカレー本場の味が3分で!!
    インドのお菓子列車の中で食べた懐かしのあの味

    チャイ・インド紅茶・ティー類チャイ用品・チャイ用茶葉・チャイ用スパイスを取り揃えました。
    タイの食品・食材 一覧アジア食といったらタイ!!
    スパイスインドから直輸入のスパイス
    豆類インドから直輸入のスパイス食材
    ヒマラヤの岩塩ミネラルたっぷりの貴重な岩塩

    弁当箱カレーを入れても漏れない?!
    マサラケーススパイスの風味を保ちます
    調理器具インド料理を作ろう
    カップ・グラス・コースターラッシーやチャイを飲むときに
    ボトル・容器液体や食材の保存に

    ベトナム人気のベトナム、インドネシア料理
    オイル・スパイスミックスギーなど、調味料を取り揃えました
    インド料理に関する本インド料理のレシピ本、関連書籍が大集合!
    飾り皿果物をのせたり、お部屋のインテリアにも
    籠アジアンな雰囲気たっぷりの籠

    ヨギティーインドの伝統アーユルヴェーダに基づいたお茶
    ジュースめずらしい飲み物、変わった飲み物、美味しい飲み物を取り揃えました。
    アジア(インド以外)アジアのお菓子・スナックを集めました。
    米・麺類・ライスペーパー米、小麦、粉、ライスペーパー等の関連加工品を集めました。
    チャイ・茶葉チャイ用の茶葉やスパイス、ベトナムのコーヒーや茶葉を取り揃えました。

    インドあま〜いものから辛い!!マサラ味までインドのお菓子を集めました。
    ココナッツ特集エスニックにはかかせないココナッツをご用意しました。
    豆・ビーフン・豆加工品各種豆・ビーフンなど豆工品を集めました。
    レトルトカレー/時短調味料簡単便利、本場の味のレトルトカレー集めました
    インスタント ヌードルインスタントの麺類を集めました

    醤油・ナンプラー・発酵食品醤油、ナンプラー等を集めました。
    ココナッツオイル・ミルク関連ココナッツミルク、ココナッツオイル等のココナッツ製品を集めました
    ヒマラヤの岩塩ミネラルたっぷりの貴重な岩塩
    クミンインド料理に欠かせないスパイス

    コリアンダーコリアンダー、パクチー、香菜等集めました
    ターメリック・ウコンターメリック、ウコン等集めました
    チリ・唐辛子チリ・唐辛子等集めました
    フェネグリーク・マスタードフェネグリークを集めました
    クローブ・丁子クローブ・丁子を集めました。

    カルダモンカルダモン各種、集めました
    こしょう・ペッパーこしょう・ペッパー各種、集めました
    シナモンシナモン・ニッキ各種、集めました
    フェンネル・ウイキョウフェンネル各種、集めました

    ミックススパイススパイスミックスを集めました
    アニス・リコリス・八角アニス・リコリス・八角各種、集めました
    にんにく・しょうが・玉ねぎにんにく・しょうが・玉ねぎ各種加工品を集めました
    その他その他各種スパイス、取り揃えました
    ピクルス・カットフルーツ(野菜)・缶詰・ビン詰食材アチャール、ピクルス、缶詰、ビン詰等の食材を集めました。

    オーガニック製品安心、安全のオーガニック スパイス
    豆類【少量パック】インド料理に使うひよこ豆などの豆類です。
    変わりもの食品変わりもの食品を集めました。
    蜂蜜・シロップ色々なハチミツやシロップをご紹介しております
    インドネシア人気のインドネシア料理

    その他の国 チョコ・キャンディなど世界のお菓子・スナックを集めました。
    ハーブティー その他ハーブティーや、ジンジャードリンクなどを集めました。
    はじめてセット・料理の素インド料理はじめてセット
    フィリピンフィリピン料理に必要な食材・食品を取り揃えました。
    アメリカ合衆国・カナダ米・中南米料理の食材を集めました。

    中近東アラブ諸国料理の食品・食材中近東・アラブ諸国・トルコの料理食材を集めました。
    ボトル・少量パックお買い得商品、お試しパックを取り揃えました。
    新入荷・再入荷新入荷の食材や、人気商品の再入荷
    クイック料理の素クイック(時短)調味料食品・食材を集めました。
    シンガポール・マレーシアシンガポール・マレーシア料理の食材・食品を多数ご紹介。

    スーパーフードナチュラル食品、自然の恵みを存分に楽しめる自然派食品を集めました。
    スープの素・タレ(ソース)・ディップソース・パスタソース料理には欠かせない調味料類をご用意しました
    パキスタンの食品・食材中近東・アラブ諸国・トルコ・パキスタンの料理食材を集めました。
    スリランカ・パキスタンスリランカ料理の食材・食品を多数ご紹介。
    タイのブランドメーカー別食品一覧

    ブランド別一覧インド食品・食材 ブランド別一覧
    ヨーロッパのメーカーメーカー別食品一覧
    関連書籍ナチュラル志向・ビーガン関連の書籍を集めました
    スパイス・ハーブ 関連書籍スパイス・ハーブ 関連書籍を集めました
    世界の料理に関する本世界の料理レシピ本、関連書籍が大集合!

    食品・食材ティラキタで扱うインド食材・食品を集めました。
    ベリーズ・コスタリカコスタリカの食品・食材を集めました。
    夏♪灼熱SUMMER特集美味しいものから変わったものまで取り揃えました。
    フランス・スペインの食品・食材スペインの食品・食材を集めました。

    イタリア・ドイツの食品・食材ヨーロッパ諸国の料理食材を集めました。
    スイス・オランダ・ギリシャオランダの食品・食材を集めました。
    イギリスの食品・食材イギリスの食品・食材を集めました。
    中国・台湾中国・台湾の食品・食材を多数ご紹介。

    タイカレーを作ろう!!タイといったらタイカレー!!
    ナンプラー、醤油、醤油製品タイといったらナンプラー!!
    チリ・唐辛子 製品タイといったら辛い料理!!チリ、唐辛子!!
    タイ料理にはコレ!!タイ料理を美味しく作って食べよう!!

    本格食材・調味料タイ料理を本格的に作る!!そんなあなたに
    お菓子・飲料タイのスイーツは甘いし、お菓子は美味しいよ
    塩・スパイスミックス・ブイヨン塩・スパイスミックス・ブイヨンなど
    ペルーペルーの食品・食材を集めました。
    日本の食品・食材人気の日本エスニック料理

    インドのブランドインド食品・食材 ブランド別一覧
    北米・中南米のメーカー北米・中南米料理の食材を集めました。
    日本の食品・食材人気の日本エスニック料理
    中近東アラブ諸国・トルコ・パキスタン・モロッコ・その他アフリカの食品・食材中近東・アラブ諸国・トルコ・パキスタン・モロッコ・その他アフリカの料理食材を集めました。
    ベトナムコーヒー・蓮茶などベトナムコーヒーや蓮茶をご用意いたしました

    その他アジアのブランドメーカー別食品一覧
     ハラル 食品・食材イスラム法で合法、かつ健康、衛生的な食品と認証されたハラル食品・食材を集めました。是非、ご利用ください
    カレーペースト・カレー缶料理のうえでかかせない、味付けスパイスを取り揃えました。
    食器・調理器具特集雰囲気いっぱい本場の食器と調理器具
    スパイス&ハーブ系食品特集寒い時期、季節の変わり目に!

    ドレッシング・チリソース・その他調味料ギー、マスタードオイル、オリーブオイル等の油、オイル製品を集めました
    冬☆あったかいエスニックフード特集美味しいものから変わったものまで取り揃えました。
    チャイ&ハーブティー特集スパイスの効いたチャイや、体に優しいハーブティー
    アーユルヴェーダアーユルヴェーダに基づいた食品とサプリメントを取り揃えました
    ネパール人気のネパール料理

    ヒマラヤの岩塩ミネラルたっぷりの貴重な岩塩

    ポイ
    (20)
    仏像
    (60)
    (31)
    帽子
    (113)
    飲料
    (96)
    (31)
    財布
    (35)
    数珠
    (27)
    まだログインしていません。発送情報等を見るにはログインしてください。
    ログインページ
    初めての方へ
    お支払い方法
    配送方法と送料
    返品・交換
    お買い物の流れ
    よくある質問-FAQ
    個人情報の取扱
    寄付
    会社概要
    特定商取引法
    卸のお問合わせ
    メルマガ
    アフィリエイト
    サイトマップ
    今までの閲覧履歴

    今までの閲覧履歴