We Accept Order in English!!Ship to all over the world from Japan!
ENGLISH / 日本語

民族楽器

商品数:8325種類、190640個  うち民族楽器:1422種類 レビュー:34300件
民族楽器
今ご注文いただくと12月17日(明後日)発送予定です。
パソコンでのお問い合わせ・ご注文は
24時間・年中無休
電話での問い合わせ、注文は今日はお休みです

民族楽器 通販 店-ティラキタへようこそ

民族楽器-レイアウト用縦線  
  • 民族楽器ヘッダ1
    すぐに鳴らせるオススメ民族楽器特集
    すぐに鳴らせるオススメ民族楽器特集シンギングボウル管楽器 バンスリ シャハナーイチャイム
    バリなどの民族楽器レインスティックディジュリドゥハルモニウム
    最新! 新入荷した民族楽器
    新入荷1
    【Kanai lal&Sons社製】サロード - Sarod
    12月12日新入荷!
    ■フレットがないインド弦楽器 サロード(Sarod)は中央アジアのラバーブに良く似た楽器です
    新入荷2
    主弦用シタール調弦用ペグ
    12月12日新入荷!
    シタールの調弦用ペグが壊れた時にどうぞなお、こちらの商品は弦を通す穴があいておりません
    新入荷3
    プーンギー[蛇使いの笛]
    12月12日新入荷!
    ■レア品を見つけました
    新入荷4
    【PALOMA社製】高級シタールセット(グラスファイ
    12月11日新入荷!
    ■ムンバイの老舗PALOMA社製 このシタールはクオリティのよさで知られるムンバイのPALOMA社製
    新入荷5
    【PALOMA社製】携帯ハルモニウム(39鍵 品質良)
    12月11日新入荷!
    ■持ち運びに便利なハルモニウム こちらは旅行者のために新たに開発された、携帯ハルモニウムになります
    新入荷6
    【一点物】タブラ フルセット ブラス・装飾つき
    12月4日新入荷!
    ■インドの打楽器 インドの代表的な打楽器タブラ。2つの太鼓を一対として構成される世界でも珍しいタイプの打楽器です
    新入荷7
    【一点物】タブラ フルセット 銅・槌目仕上げ
    12月4日新入荷!
    ■インドの打楽器 インドの代表的な打楽器タブラ。2つの太鼓を一対として構成される世界でも珍しいタイプの打楽器です
    新入荷8
    タブラのハンマー
    12月4日新入荷!
    ■タブラ演奏の必需品 タブラのチューニングや革の交換など、タブラをプレイする時の、あらゆるシチュエーションで使うことが出
    新入荷9
    コシ・チャイム Koshi Chime (ヒーリング風鈴) - Aq
    11月26日新入荷!
    ■Aqua[水]のコシ・チャイム コシ・チャイムには4つの音のバリエーションがあります
    新入荷10
    倍音浴
    11月26日新入荷!
    ・クリスタルボウルとは
    新入荷11
    Gamelan of the Love God
    11月25日新入荷!
    バリガムランの中でもsemar pegulinganスタイルのガムラン隊で奏でた曲集です
    新入荷12
    ボディーパーカッション[色アソート]
    11月15日新入荷!
    一見トングのように見えますが、手に持って体を叩いてみてください

    • 今売れたインド雑貨・アジアン雑貨

    民族楽器 カテゴリ一覧

    サイドの画像
    ham様
    評価:5(5/5)

    ヨガインストラクターの勉強中なのですが、シャバーサナの受講中に先生が使用しており、音色がとても綺麗で気に入って自分も購入しました。 騒々しくなく控えめな音で、目を閉じているのに頭の中で何かがキラキラしている感覚があり、深い集中状態から心地よく意識を戻してくる事が出来ます。 今回はテラを選びましたが...

    vlameg様
    評価:5(5/5)

    見た目がかっこ良いだけでなく、音も良かったです!満足しています!

    匿名希望
    評価:5(5/5)

    気分が明るくなるような音色です。 小さめでそんなに重くないので、マグネットフックにさげていつもリビングにおいています。

    tkr様
    評価:5(5/5)

    小さめのベトナム口琴で高いピッチの音が出ます。かなり音が大きく、良く響きます。スタンダード・ダンモイに比べると、持ち手が巻き込んであるのが安定性と響きの向上につながっているのだと思いました。薄いのでデリケートではありますが、値段以上の商品だと思います

    ヨーコ様
    評価:5(5/5)

    物珍しさにひかれて購入しました! 軽くて、コンパクトにもなり、インテリアにして楽しんだり、猫の水飲み台にしたりと楽しく使っています。 一つ机の上にあるだけでパッと雰囲気が変わるので面白いです

    ぶぶ様
    評価:5(5/5)

    実演動画みたいに鳴らしてみたくて買ったのですが、ダブルスリットのため振動板に幅があるからか銜えている口に当たりやすいようです。弾くのも動画のように速いリズムで安定して音を出し続けるのはなかなか難しいです。口にくわえる部分の幅がもっとあればとおもいました。あとスリットの切り込み加工がギザギザしてい...


    民族楽器 はこれが人気! TOP12




    シンギングボール,仏教,楽器,瞑想
    民族楽器,打楽器
    シンギングボール,仏教,楽器,瞑想
    民族楽器,打楽器
    チベタン,シンギングボウル,民族楽器
    ディジリドゥ

    民族楽器の原産地と民族楽器について

    インドの民族楽器

    インドは北はヒマラヤの雪国から南はヤシの木の生い茂る南国まで幅広く、そこに住む人々も多種多彩ならば、音楽もまた多様です。インドの古典音楽に使われる民族楽器は北インド系統のヒンドゥースタニと南インド系統のカルナータカの大きく2つに分かれています。

    北インドのヒンドゥスタニ音楽ではシタールやタブラが主に使われ、1つの旋律楽器と1つのリズム楽器の組み合わせで演奏されることがほとんどです。旋律楽器はシタールだけでなく、サントゥール、バンスリ、エスラジ、スルバハールなどが使われます。リズム楽器は多くの場合、タブラが使われます。また、演奏中にずっと流れている音ドローンを演奏するためにタンプーラが使われます。

    南インドのカルナータカ音楽の場合、1つの旋律楽器と1つのリズム楽器の組み合わせと言う大筋は同じであるものの、ヒンドゥースタニ音楽よりもヴォーカルに重きがおかれ、ボーカリストとムリダンガムと言う組み合わせがよく見られます。民族楽器別に見ると、カルナーカタ音楽の旋律楽器は北インドと同じシタールなども使われますが、バイオリンやヴィーナ、サックス、マンドリンまで使われ、楽器の自由度がより高いのが特徴です。リズム楽器は壺を叩くガタムや、ムリダンガム、トカゲ皮のカンジーラ、口琴のモルチュンなどが使われます。カルナータカならではの民族楽器が多く、バリエーションも豊富です。

    ネパールの民族楽器

    ネパールは8000m級の山を多く抱くヒマラヤの国。国土は急峻で険しく、平らな所はインド側にしかありません。ネパールはインドとチベットに挟まれた地理的な関係上、インド文化とチベット文化が程よくミックスし、そこにネパールの独自の文化がエッセンスとして振りかけられた混血の味わいのある文化となっています。

    使われている民族楽器にもそれがよく現れていて、シタール、タブラ、バンスリにシャハナーイと言った、北インドそのままの楽器がが使用されています。チベットからの影響として、シンギングボールやラッドンと呼ばれるチベタントランペットが見られます。

    ネパール独自の民族楽器としては土着のシンプルな楽器が多く、クオリティもイマイチなので当店ではあまり仕入れていませんがネパールのサーランギ、ネパール独自のバンスリ、マダルと呼ばれる打楽器などが挙げられます。

    インドネシアの民族楽器

    インドネシアは赤道直下に位置し、横に5000Km伸びる大変長い国です。多くの島を合わせた形で国土が形成されていますので、島ごとに独自の文化があり、独自の音楽があります。その中でも特に文化芸能が盛んなのがバリ島です。ヒンドゥー教を信じるバリ島では、イスラム教を信じるジャワとはまた違った音楽文化が花開き、多くの民族楽器が使用されています。

    バリ島の民族楽器としては、金属を打って音を出すガムランが有名ですが、楽器の素材として竹が手に入りやすいのか、竹笛のスリン、竹で作った楽器であるアンクルン、これまた竹で作った大きな楽器ジェゴグなど、竹の民族楽器が多いのが特徴です。

    タイの民族楽器

    タイの民族楽器には北東タイのイサーン地方に伝わるケーンを始めとして、撥弦楽器のヂャケー、擦弦楽器のソードゥアン、ハンマーダルシマーのキム、円形の銅鑼のセットであるコーンウォンレックなど、多種多様な楽器があります。ただ、その民族楽器の多くは地方に行かないと手に入らないことが多く、入手が大変難しいのが実情です。当店でも色々なタイの民族楽器の仕入先を探していますが、タイについてはいまだ発見できていません。

    代表的な民族楽器について

    シタール

    民族楽器の代名詞とも言えるシタール。シタールは主に北インドで演奏されていて、南インドで演奏される事はあまりありません。シタールは全長1.2Mほどで、弦は上下に二層に分けて張られています。弦の種類はスチール弦で、何音階にも渡ってミード(弦を引っ張って音程を上げる事)をするために一番メインの弦の下にはなにも弦は張られていません。弦は全部で17本から22本張られますが、その数は流派によって異なります。演奏する時は主に上層の弦を弾き、下層の弦は共鳴弦となります。この共鳴弦の音が大変、民族楽器らしいですよね。シタールの1番下部の大きな膨らんでいる所はトゥンバと呼ばれ、南瓜もしくは瓢箪で作られています。

    タブラ

    もう一つの民族楽器の代名詞、インドが誇る素晴らしく洗練された楽器の一つであるタブラは、2つの太鼓がセットになった世界でも珍しい種類の太鼓です。別々に呼ばれる時は、小さな方はタブラ又はダヤン、大きな方はバヤンと呼ばれます。

    タブラは単純な2つの太鼓のセットですが、この2つの太鼓から何十種類もの音と、1オクターブに近い音階を出すことが出来るいわば魔法の打楽器。単純なだけに奥が深く、生涯を通じて付き合っていくのにふさわしい民族楽器です。

    ディジュリドゥ

    ボウボウと不思議な音の出る民族楽器ディジュリドゥは元来、オーストラリア、アボリジニの人たちがシロアリに食べられたユーカリの木を斧で切ってそのまま楽器にしたものです。いまでも本物を求めるディジュリドゥ吹きはアウトバックと呼ばれるオーストラリア北部のノーザンテリトリーに行き、自分だけのディジュを入手し、練習してきます。

    カートに商品が入りました
    仏像
    (53)
    (17)
    帽子
    (115)
    食器
    (365)
    飲料
    (106)
    財布
    (55)
    数珠
    (38)
    ポイ
    (22)
    まだログインしていません。発送情報等を見るにはログインしてください。
    ログインページ
    初めての方へ
    お支払い方法
    配送方法と送料
    返品・交換
    お買い物の流れ
    よくある質問-FAQ
    個人情報の取扱
    寄付
    会社概要
    特定商取引法
    卸のお問合わせ
    メルマガ
    アフィリエイト
    サイトマップ
    今までの閲覧履歴

    今までの閲覧履歴