アタ粉 Atta 【1Kg】

商品数:11199種類、190093個 レビュー:23774件
アタ粉 Atta 【1Kg】 通販店
アタ粉 Atta 【1Kg】のヘッダ インド雑貨 アジアン雑貨 ティラキタへ インド雑貨 アジアン雑貨 ティラキタへ
今ご注文いただくと1月25日(明日)発送予定です。
パソコンでのお問い合わせ・ご注文は
24時間・年中無休
電話での問い合わせ、注文は(10:00-17:00)
046-875-3668
アタ粉 Atta 【1Kg】の写真1


アタ粉 Atta 【1Kg】の写真1

ログイン後にシェアでポイント還元をしています。詳しくはシェアしてお得にお買い物をご覧ください
商品のキーワード:アタ粉 Pillsverry インド料理 インド 全粒粉

商品番号:ID-SPC-56
在庫:予約受付中

アタ粉 Atta 【1Kg】

価格:600円+48円税
■通常送料商品■
こちらは1000円で送料無料非対象商品です。こちらの商品は合計4800円以上のお買い上げで送料無料となります。

雑貨や衣料品などは、多くの商品が1000円で送料無料対象ですので、ぜひ他の商品も併せてご覧くださいませ
アタ粉 Atta 【1Kg】を購入すると貰えるポイント6ポイント 

アタ粉 Atta 【1Kg】の説明

■チャパティ粉の決定版!
チャパティなどを作る時に使う強力粉の一種、アタ粉です。インド製ですので、インド人が作っているの同じ材料でチャパティーを作ることが出来ますよ

適量の水を少しずつアタ粉に入れ、耳たぶ程度の硬さになるまでこねて団子を作り、数時間寝かした後に、丸く伸ばして厚手のフライパンで焼くとチャパティの出来上がりです

こんにちは! ティラキタの梅原です。

アタ粉くん印のアタ粉。昔は、もっと、粉の中に繊維みたいなものが多く、ごわごわしていたのですが、最近は、結構さらさらとしています。進化したのでしょうか?

申し訳ございません。
ただいま品切れ中です。

下の「アタ粉 Atta 【1Kg】 がほしい!」からメールを出されますと、商品が入り次第ご連絡差し上げます。

アタ粉 Atta 【1Kg】が欲しい!!

アタ粉 Atta 【1Kg】のデータ

【名称】小麦粉
【原材料名】小麦
【内容量】1kg
【原産国名】インド
【保存方法】直射日光を避け、常温で保存してください
【備考】こちらの商品には、一部に日本語表記が使われている場合がございます。


【大ロットでの購入について】こちらの商品は生産地やメーカーからのお取り寄せで当店の在庫以上の数量の販売が可能です。ご希望の方はお気軽にご連絡ください。
【ブランド、出版社】
Pillsbury(ピルスベリー)

アタ粉 Atta 【1Kg】のレシピ


ティラキタではあなたの素敵なレシピを募集中です。
レシピを書いて最大500円の割引をGETしよう!

申し訳ございません。
ただいま品切れ中です。

下の「アタ粉 Atta 【1Kg】 がほしい!」からメールを出されますと、商品が入り次第ご連絡差し上げます。

アタ粉 Atta 【1Kg】が欲しい!!
アタ粉 Atta 【1Kg】の関連商品

アタ粉 Atta 【1Kg】の評価 (合計:54件)

1度目は正直、上手くできませんでした。作り方をきちんと確かめて再度挑戦したところ、なかなかの出来栄えでした。小麦の香ばしい味が美味しいです。
2人の人が参考になったと言っています
tonton様 
「チャパティ(ロティ)の作り方」のとおりに作ってみました。生地を丸く延ばすのが難しく、いびつになりましたが、出来上がりは、インドで馴染んだ見た目と味そのもの。感動です。
2人の人が参考になったと言っています
sasa様 
初めてチャパティーを作りました。
とてもカンタンに作れ、量も結構たくさん入っていて
満足でした。
インドカレーに良く合いますよ!
1人の人が参考になったと言っています
honey様 
レシピ通りに作ったらダンボールを溶かして焼いたような
チャパティになってしまいました。
本場の味を知らないのでそう思ったのかもしれません。
そして研究しました。
アタ粉7:小麦粉3で作ったらモチモチでおいしくできました。

1人の人が参考になったと言っています
チャパティをつくりました!コツは、パイ生地よりも少し堅めに粉をいれながら調整して練ることのようです!
のびが良くてふんわり柔らかくおもちのようにぷっくりふくれるチャパティができます。
家はインドの友人ネパールの友人が多いせいか、カレーをよく食します。
いろんな、アタ粉を使いましたが、こちらはいっぱい入っていて、チャパティ
やロティ色々作れて、家ではもう無くてはならない商品です。
T・E様 
インドカレー屋のチャパティがどうしても食べたいと思っていたので、家で手軽に作れるアタ粉が売っているのを見つけた時は、即買いでした。
もちっとして、簡単に作れるし、家族にも評判良かったですよ!
sugasan様 
さらっとして、使いやすいです。やっぱり日本の全粒粉とはぜんぜん違いますね。そして、初期発酵にもちこみやすい。小麦の力を感じます。国産全粒粉と、フランス粉でそれぞれ初期発酵に持ち込んだものの、維持することができませんでした。さすがインドです。アタで作った自家製天然酵母は、今回バリバリ発酵維持しています。
発酵過多に注意しなければならないほどです。
食感も大好きです。今年は猛暑なので、辛いインド料理をほぼ毎日作って食べてます。おかげでアイツおかしい、といわれるほど暑さに強くなりました。(そのかわり寒さには負けます。冷房なんとかして!)
どちらかというと北インドの料理を作ることが多いので、それにはやっぱりお米よりチャパティが合う。特別セールのおかげでたっぷりチャパティが食べられそうです。
今度はパラタやプーリーにも挑戦してみたいです。
様 
すごくおいしい!!毎日カレー?にしてしまいそうでした。
作り方も、いたって簡単です。
水を加えてパンのようにこねるだけです。
生地を寝かしておくのですが、またこれが楽しいです。

自然に、ふっくらするんですね!
癖のないよい味です。かめばかむほど甘みが出てくるような感じです。
MARYAM様 
アタ粉初めて買いました。
ナン好きなので家でも。って楽しみにして♪
水を加えてこねた後、生地を寝かさないで
すぐに焼いてみました。
イラン人の旦那に食べさせたら石を敷き詰めた上で焼くイランのナン(サンギャク)に似てる。
もっと薄くして焼いたらラヴァ−シュに似てる。
おいしい!!!ってすごく喜んでいました。
インドだけじゃなくイランの人にもおすすめですよ。
この、チャパティを初めて食べたのが、現地の会社のキャンティーンでした。当初、辛いインド料理に抵抗感があったのですが、この丸くてもっちりしたパン?が、大変おいしく普通に毎食3枚ほどカレーをつけていただいてました。
帰国後、しばらくしてインドの味が恋しくなったので、チャパティとカレーだけでも食べたいと思いましたが、近くにインド料理店なく、インターネット検索したところ、このティラキタさんに出会い、また、チャパティの作り方も書いてあったので、大変参考になりました。
自分は、地元の消防団に入っていますが、今年の夜警班長になり、頑張っている団員の皆さんに料理を振る舞うのが、毎年毎回恒例となっていまして、最後の夜警には、インド料理を作ろうと思い、ビールは、キングフィッシャー、チャパティのアタ粉に野菜カレー・キーマカリー・マトンカリー、ムーングダルのスナックを通販で注文しまいた。
チャパティの生地(800g)を作るまでは、順調にできました。市販のフライパンで一枚一枚焼くので、なかなかうまくできなかったが、試行錯誤しながら、みんなで、楽しく作れたのでよかったです。初めて作った52枚のチャパティは、インドで食べたもっちりとしたものとは、違ってパリッパリッというのもあって、なかなか難しいものですね〜 みんな、初めて食べるインド料理においしく味わっていました。
チャパティの焼く時の火加減や焼き具合など、もう少し研究して
、また、チャレンジしてみます。
このアタ粉最高です!
日本でもチャパティーがきがるに食べられるなんてうれしいです。
次はあわせてチャパティーようのフライパンを購入しようかとおもっています。
リピートです。まだ日本の全粒粉でトライしてはいないので比較出来ないのですが、
きっと違いがあると思います。過去に作ったなかで、お水の代わりに黒ビール(普通のビールでもOK)を入れてチャパティを作ってみました。お水を入れた時と比べてほんのりかすかにお酒の香りがして(中華まんじゅうのかすかなお酒の香りのような、、)良かったです。いろいろトライしてみたいと思います。
友人と、インドのレトルトカレー数種類を使ってインドカレーパーティーをしました。ついでに、初心者ながらナンにもトライしました。そのまま水でこねて焼いたら、あまり膨らまなかったので、ベーキングパウダーを少し混ぜてみたら、うまく膨らみました。
フライパンで、こんがり、おいしく焼けましたよ!!
普通の小麦粉より栄養価が高いそうなので、ホットケーキのもとに少し混ぜたりして使っています。こちらもお勧めです!
アトム様 
シンガポールのインド料理屋で食べたチャパティの味と食感が忘れられずにいました。そのチャパティが自宅で簡単に作れるなんて・・・という思いで、今回アタ粉を購入させていただきました。
台と麺棒も購入したので、簡単に美味しく出来ました。
唯一の失敗は仕上げのバターを落としすぎて、ベタベタだったことくらいでした。
これからも色々な料理に挑戦してみようと思います。
匿名様 
やっぱりインド産のアタ粉がチャパティ作りには必須です。
私は長くシンガポールに住んでインド人(シンガポールのインド系民族ではなく、インド本国から来た人たちです)の同僚と仕事をしていました。その頃、よく彼らがお弁当に持ってきた自家製のチャパティをごちそうになりました。(インドから連れてきたお手伝いさんが、毎朝焼くのだと言っていました。)
色は白ではなくうすい茶色で、素朴な風味と味が大変おいしかったです。毎日のようにインド人たちと、インド料理屋、インド人パブに通っていました。
日本に帰ってきてからもインドの料理、特にあの素朴なチャパティが食べたくていろいろ探していました。でも、日本で売っているチャパティはなんだか色が白くて素朴な風味とは全く別物の味がします。自分で作ってみましたがどうも味が違います。使ったアタ粉は、よく見たらアメリカ産でした。やっぱりインド産のアタ粉でないとダメかなと思い探していました。
ようやくティラキタさんでこのインド産アタ粉を見つけました。このアタ粉を使ったら、色も風味もあの懐かしいインド人の自家製チャパティとまったく同じでした。やっぱり本当のチャパティを作るにはインド産のアタ粉でなくては!と実感しました。
作り方はとても簡単で、水で練って団子状にして一晩寝かせたのち、薄くのばしてフライパンで焼くだけです。4歳の娘も「パパが作ったインドのパンはとってもおいしい。」と言って喜んで食べてくれます。値段もお手頃ですし、このアタ粉はお勧めです。
今までGABANのアタ粉を使ってチャパティを作っていましたが、焼いたときのふくらみ方が小さく、もっちり感も今一つでした。もともとパン用ではなく、製菓用として製造しているからでしょうか。しかし今回、ティラキタさんのインド産アタ粉を使ってびっくり!直接火にかけなくても、フライパンの上でふっくらとふくらみ、食感もイーストが入っているかと思うほどもっちりしたチャパティができました。このアタ粉を一度使うと、他の粉は使えなくなりますね!
全粒分で作ったチャパティはなんだか重たくて…でもアタで作ったチャパティは軽くてしかも香ばしい!これぞ本場の味!!て、インドに行ったことはないんだけど、自宅でインド気分味わっています(笑)
匿名希望様 
Navratan Kurma、Palak Paneerと一緒に注文しました。やはりせっかくインドのカレーをいただくので、日本の白米ではなくチャパティで食べたいと思ったからでした。チャパティを作るのは初めてでしたが、こちらのお店のサイトで作り方を拝見したらとても簡単そうだったのでやってみることにしました。
最初からかなりうまくいき、何度か作っているうちにうまく膨らむようになりました。全粒粉なので身体にもいいですし、もちろんカレーともあうのでとても気に入っています。時間がなくても水で捏ねて焼くだけなので、あっと言う間にできるのも魅力です。焼きたては最高です。
カレーだけでなく、インド風の炒め物や、またごく普通のサラダやきんぴらごぼうなど、意外なものとも合います。今後も色々試してみたいです。
匿名希望様 
カレーの専門店で食べたチャパティの味に近いものが出来ました。大変満足しています。我が家はカレーもルーから手作りです。今までも、「ナン」や「チャパティ」なども手作りしていましたが、いまいち専門店の味になりませんでした。アタ粉が手に入りましたので、お正月は息子一家も交えて久しぶりのカレーパーティー!3歳の孫も手伝って作ってくれたチャパティの山もあっという間に無くなりました。このときの「チャパティ」は丸く伸ばしてから鉄板で両面を焼き、溶かしバターを塗ったものと、やはり丸く伸ばしてから揚げたものとの2種類でしたが、どちらも美味しくて、カレーもカラッポになりました。3歳の孫は焼いてバターを塗ったほうがお気に入りのようでした。今度はバターではなく、『ギー』を塗って食べてみたいです。(粉を練るとき、溶かしバターを少し加えると、プクプクと膨らみやすくなりました)
匿名希望様 
チャパティが好きで、家でも食べたいと思って購入しました。お店で食べるチャパティと同じ味でおいしかったです。作り方も簡単で食べたい時にすぐできるのでとても嬉しいです。ときどき色々なアレンジもして楽しんでいます。このアタ粉は本当におススメです。
牧野様 
カレーはいつも美味しく頂いています。今回チャパティに挑戦してみようと アタ粉を購入してみました。もう感激でしたインドで食べたチャパティそのまんまでした。 なので、また追加を頼んでしまいました。
この粉を使って、チャパティーとか作っていないのですが、
なかなか手に入らない粉ですので、手に入ったときはとても嬉しかったです。
匿名希望様 
パンのように叩き付けたり、グルテン出す必要無く、ものの5分程度で成形できて楽チンでした。しかも美味しい。チャパティ作り初心者の私にも簡単でした。
k様 
アタ粉が家にきてからかなり我が家のカレー率が高くなりました。笑

まだ上手く焼くコツがつかめずにいるのでこれから試行錯誤しておいしいチャパティを作れるようになりたいです!
匿名希望様 
最初、日本の全粒粉で作っていたのですが、固いチャパティになってしまいました。何度やっても同じだったので、これは粉だと思って、これを買いました。作ったら思ったとおりの柔らかいチャパティが出来ました!素敵です。レンズ豆の煮物をはさんだり、タンドリーチキンをはさんで食べたら最高!ありがとうございました。
もち様 
他の商品を買う際ついでに何の気なしに購入しましたが、噛んでいると粉の甘味が出てくるような、滋味のあるとても美味しいチャパティが作れました。
説明には100g当たり75mlの水、とあったのでその通り生地を作り、市販のカレールーを使ったトマトたっぷりお手軽(手抜き)キーマカレーを一緒に用意したところ、大好評。
油を使わないので、量を食べても胃もたれしないのも魅力です。
ミホコ様 
これでチャパティを作りました!美味しかったです!こちらを購入する前に日本製の全粒粉で作ったのですが、全くふくらまず、ぺたんと硬いおせんべい状になってかなしい思いをしました。粉によって全然違うんですね。こちらのレビューを見て購入してみてよかったです。チャパティパンで焼いた後に直火に置くとぷくーっとふくらんで、大人も子供も大喜びです。
クンジ様 
塩と水を加えてこねて焼くだけという超シンプルなインドのパン、チャパティーが作れます。というかそのためだけに購入しました(他の使い道を知りませんし)。
いろんな人に振舞ってみましたが、漏れなく病みつきになってました。笑(一緒に出したカレー並みに高い評価だったので、こんな簡単なもんでええのかという複雑な心境…?)
ゼロから始めて焼きあがりまで10分もあれば余裕で終わるので、何もない朝に寝ぼけながらこねて焼いて朝食に食べてます。

焼いた時に良い香りが出ていて、安いし良い粉だと思います。
定期的に購入するつもり。
日本で買う全粒粉よりも粒子が細かいので
このアタで作るチャパティは柔らかくなるように感じます。
体に優しく栄養もいいのでよく買います
eri様 
市販の粉と全くちがいました。
初めてチャパティをつくりましたが、美味しかったです。

粉の質感は、見た目は小麦粉ほどのきめ細かさ。
こね途中の手触りは、米粉?餅粉?のようなすこしざらっと重め。
粉とびもほとんどなく、粘りも少なく、扱いやすい粉です。

この粉が届く直前に、初めて行ったインド料理店で、
たまたまチャパティを注文して食べたのですが、
えぐみというか、特有のくささがすこし残ってて。
……後日この粉でつくった自作のほうが美味しかったです。笑
きっと、粉でしょうね。

また違う日に、
加熱したバナナと、このお店で購入させていただいている
シナモンパウダー、ココナッツなどをこのアタ粉に加えて、
ケーキ風にしてみても、とっても香りが良くパウンドケーキとは全く違う素朴なケーキになりました。こちらも美味しかったです。
またいろいろ試してみたいと思います。

なくなったらリピートですね。(これも)
りゅう様 
インドで食べた味を再現したくて、こちらの商品を購入してみました。パッケージに書いてあるレシピ通りに焼くと、少し硬い仕上がりに。でも、小麦粉の風味はインドで食べた思い出の味!そこで、自分の好みに合うように水分を調整し、理想のチャパティが焼けるようになりました。普通の小麦粉と違って、滑らかではない素朴な食感も現地風です。一緒に購入したチーズのカレーとも相性ぴったり。1Kgたっぷりあるので、クミンなどの好みのスパイスを練りこんだり、シュレッドチーズを包んで焼いたり、いろいろアレンジして楽しんでいます。
peace86様 
水と混ぜてこねるだけで簡単にチャパティの生地が作れます。 強火で短時間で焼けるので食べる度に焼くこともできます。 個人的には比率としてカレー1食分約150gに対して粉100gのチャパティでちょうどいいかなと思います。
チャパティを作ってみたかったので、もう一つのアタ粉Rajdhaniと合わせて購入してみました。
今回袋に穴が開いていてちょっとショックだったんですが、
問い合わせをしたらきちんと対応していただけたのでよかったです。
これまでいくつかの他社アタでチャパティを作ってきましたが、納得のいくものは作れませんでした。初めてこの商品で作ってみた所、しっとり&もちもちで自分好みのチャパティが作れましたよ。
良くイベントでカレーの出店をしますが、お客様にも大好評でした。作り置きしたものを温め直しても固くならないのが嬉しいです。
また、他社アタよりも色が濃く捏ねるときも力がいります。これは高品質な証ではないでしょうか。チャパティは気温や湿度などのコンディションによって仕上がりが異なってくるのでとても奥深いですね。また購入させて頂きます。ありがとうございました。
この粉は、味がしっかりしていて、とても美味しいです。他に代えがたいのでこれからもずっとコレを使うと思います。
全粒粉のうま味がいいですね。チャパティの素朴な味わいもですが、最近はカレー風味ポテト(もちろんティラキタ購入スパイスを自分流に入れた)を餡にして丸くチャパティと同じようにうすくして焼いています。たしか、プラタという名前だったと。チャパティパンもだいぶ使い込んで?きました。
国産の全粒粉でもチャパティを作ってみましたが、
焼いたときにうまく膨らみませんでした。
チャパティを作るには、本場のこの粉がいいです。
どうせならとチャパティパンも購入して焼いてみました。
きれいな○まるの形には伸ばせなかったのでいろいろな形になったけど、初回からとても美味しいチャパティがやけて感激。
ぷっくりふくらんで楽しかったです。
友人とのカレーパーティだったので大好評を得て得意満面でしたww
mischa様 
チャパティを作るためにフライパンと一緒に買いました。 普通に全粒粉をかってくればいいといえばそうですが、やっぱりインド料理はインドの食材で作りたいので!! 
細かすぎず粗すぎずのサラサラ具合が丁度良くて、素朴な感じのチャパティが作れました。
ゆみこ様 
このアタでチャパティーを作ったら、とても美味しくできました。プクーっとよく膨らみましたよ。他メーカーのアタでは、こんなに膨らまなかったので、粉の違いってあるんだなーと思いました。リピートします。
toddchiku様 

<チャパティレポート>
先日の地元の料理講座で使わせて貰いました。以下《こんなふうに作りました》レポです。
**********************
1)粉100gに水75mlが目安とのことで、料理講座ではグループで作るので粉500gに水375mlをまず用意。
2)できるだけ大きめのボールを用意。深い型より広がった型のほうが作業しやすいです。
3)安定させるためボールの下に濡れたフキンかタオルを敷きます。
4)ボールの中に分量の粉を振り入れます。
5)アタ粉の中央にくぼみを作って、水の半分の量をまず入れ、混ぜます。指先だけを使って(わしづかみの形)、クルクルと円を描くようにして、素早くアタ粉と水をかき混ぜます。大きいダマができたら軽くもんでほぐして周囲の粉となじませます。「全体にさらさら、でもまとまってはいない」状態になったら成功。
6)残りの水を加減しながら入れます。そしてまた指先でかき混ぜかき混ぜ。「しっとり大きめの固まりがたくさん」な状態になったら、ここで初めて全体をまとめていきます。結果的には水350mlでちょうど良かったです。
7)ここからは両手を使ったほうが力が入りやすいです。手首に近いあたりを使って、押しては戻し、押しては戻し、して練り込みます。ここが一番根性の要るところ。10分ほどかかります。
8)根性と愛情で練り込むと、とても滑らかになり、表面にツヤが出てきます。つまんで見て耳たぶの固さ?ベタっとしてないけどボソボソでもない?になったら出来上がり。
9)濡らして固く絞ったフキンをボールにかけて30分ほど寝かせます。乾燥防止です。
10)ボールから取り出してカットしていきます。まな板か平らな台の上にサランラップを敷いてパン種を乗せ、棒状に伸ばして包丁でカット。ちなみにこの500gぶんのパン種で、15?16分割がほど良い量かと思います。1カット=30グラム見当。ピンポン玉。大きすぎると後で苦労します。
11)カットしたパン種を、再び濡れフキンの屋根のもとで15分ほど休ませます。
12)いよいよ麺棒で成形。ここでポイントは「打ち粉を振り過ぎない、できれば振らない」だと思います。 しっかり練ったパン種は意外にくっつきません。むしろ打ち粉を振り過ぎて表面が粉だらけになると、焼きあがりも食感も残念な結果が待っています。心配ならサランラップなどのうえで延ばせば万が一くっついても取り返しがつきます。
13)延ばしです。厚み1・5mm目標。まずパン種を手で軽く丸めてからぎゅっと手で押さえて厚ぼったい円盤状にします。麺棒を上下に動かして楕円形に。そこで90度回して同じように上下運動。これを繰り返せばだいたい丸くなります。
14)焼きです。チャパティを焼くのに一番適しているのは「先祖代々伝わる鉄のフライパン」だと思います。フライパンをよーく熱してから、チャパティを乗せます。ここで大事なのは「焦げるのを恐れない勇気」です。 ある程度の中火でチャッチャっと表面むらなく火を通していかないと、そのうち膨らみ始めた時に標高のえらく高い凸部分と海抜ゼロの生焼け凹部分とが出来てしまいます。生焼け部分は永遠にひっついているわけで、後に直火に当てた時、そこに邪魔されて全体がぷっくり膨らまないという寂しい結末が待っています。全体にプクプクするのが正解。
15)両面焼けたら、中弱火の”直火”に当てます。ぷっくり膨らんだら完成、おめでとうございます。
**********************
このアタ粉は私がこれまでチャパティ作りに試した中で一番優秀。
とにかくキメが細かくて香りも高いです。ちょっとしたコツできれいに膨らんで食感も素晴らしい、理想のチャパティが出来ました。
様 
プレーンと昔食べたチーズロティーに挑戦したのにチーズの味は全くせず・・・だけど辛口のキーマと箸休めのアボカドのディップで大変おいしくいただきました。子供も生地作りからお手伝いしてくれて、楽しかったみたいです。もちろん自分で作ったからおいしさも倍増で、たくさん食べてくれました。
Seaston様 
俺にもできたぜ!
人間なんでもチャレンジです。この私にも簡単にできました。
カミサンに「今日のご飯なに?」と聞いたら「ミートソース」という答えだったのですが、なぜか先日買ったこのアタ粉を使ってチャパティーを作ってみたのでした。
作ってみたら意外と簡単にできてビックリしました。しかもおいしい!
子供たちにも大好評!「そのミートソースにつけたらおいしいかな?」というので、思い立ちました!そのミートソースに、ガラムマサラ、クミンシード、コリアンダーを混ぜてみては!やってみました!そうしたら何とキーマカレーに大変身!!
残ったミートソースは、スパイスでキーマカレーになっちゃうんですね。。。
その晩はキーマカレー(もどき)とチャパティーとパスタという何とも不思議な夕食になりました。

フライパンの温度と、生地の薄さが決め手のようです。
生地を薄く延ばせると、カリッとしてかつプクッと膨らみます。生地が厚いと部分的にしか膨らみませんでした。また生地が厚いと中が焼けてない状態があったのでなるべく薄いほうがいいみたいです。フライパンの火加減は中から強の真ん中ぐらいでしたかね・・・。
また、お皿はできたら下に紙か布を敷いておくことをお勧めします、焼くと水分が蒸発するので一番下の(初めに作ったやつ)チャパティーは蒸発した水分をまた吸い取って「しなしな」になってしまいます。(「あーインドで出てきたバケットは必ず布しいてあったなー」と思い出しました)

普通のパンより全然簡単なので、「どうしようかな〜」と思っているあなた!アタ粉は買いですよ!。無くなったらまた買います。
このアタ粉、以前バイトしていたネパール料理店の人に「この粉がチャパティには一番!」とすすめられて、以来チャパティづくりに使っていた大好きな粉です。
そのお店が閉まってからずっとどこで手に入れたらいいかわからなかったのですが、思いがけずティラキタさんで発見したときには嬉しかった。
思わずまとめ買いしてしまいました。
この度、この粉でチャパティだけでなくパンも焼いてみたところ、この粉の力なのでしょうか、何も付けなくてもすごく美味しいパンが焼けました。
という訳でこれからも消費量が増えそうなのでリピ買いさせていただきます。
簡単に、美味しいチャパティが作れます♪

袋の裏に書いてある通りの割合(100gの粉に対して70ccの水でしたっけ?)で作って、1時間ほど乾燥しないようにして寝かせて、丸くうすく伸ばして焼いてます。

もちろんカレーにも合いますが(チキンカレーや野菜カレーと一緒に食べると本格的♪)、私はチャパティの上にシナモンとシュガーをかけて、シナモントースト風にして食べるのが好きです。

素朴な味わいや独特の風味は、絶対に小麦粉では出来ないんだろうなぁ〜と、感じています。(一度、小麦粉でチャパティを作り、失敗した経験あり)

北インドを旅行していると、ナンよりチャパティの方が圧倒的に食べる機会が多いし、ナンってやたらお腹いっぱいになるから、ちょっと重くて…。カレーにはチャパティ!って思っているんですけど、日本のカレー屋さんでは圧倒的にナンでしょう?
チャパティが大好きな私にとって、こんなに簡単に家で作れる事が驚きでした。
アタ粉さまさま…さま★
先述したとおり、カレー以外にも食べ方はあるので、重宝な逸品です♪

そうそう、味は…。
本当に、本当に。かなり。美味しいですよ!!!!

小麦粉で頑張っているかたや、ナン派の方。チャパティ好きの方。インドへ行ったことがある方。カレーファン。
是非、ご賞味あれ♪
初めてでしたが、とても美味しいチャパティが焼けました。
油は入れず塩を少々、水で練って耳たぶより多少柔らかい固さにし、数時間置いてから麺棒で丸く伸ばし、普通のフライパンで焼いた後、直火で少しあぶったら、ちゃんと膨らみました。
今までは市販のナンミックスを使っていましたが、私はこちらの方が好みです。
インドカレーに親しみの無い友人も、美味しいと喜んでくれました。
Y.H.様 
一度チャパティを食べてみたかったので買ってみました。
慣れないものでいびつだったり大きさが違ったりと、見てくれは
あまり良くありませんでしたが、まぁ、初めてならこんなものかなと
思えるぐらいのチャパティができました。
パリパリ、カリカリしたところとぎゅっと歯ごたえのあるところと
あって、また粉が本来持っている甘みも併せて、面白いおいしさだ
なぁと…
今回は加減が解らなくてちょっと焼きすぎたので何かを挟むという
訳にはいきませんでしたが、おいしかった!
身内が全粒粉好きでもあるので、(買いだめしたつもりですが)
意外と早く使いきってしまうかもしれません。
次回の入荷を待っています。
pengin様 
だいぶ前に購入しましたが、最近やっと時間的余裕ができてきたので、カレーを作るときには必ずこのアタ粉でチャパティを作って楽しんでいます。
さすがに味はナンのほうがうまいかもしれませんが、手軽に作れてなかなか風味があってカレー以外にも使えるかなと最近考えてます。味にうるさい娘も一応食べてますのでそこそこいけるのでしょう。
食べるとひょとしたら体全体にインドが広がるかもしれませんよ。
Genya様 
今まで全粒粉と薄力粉を半量ずつミックスして「なんちゃってチャパティ」を食していました。(生地のこね具合といい、食感といい・・・違うんですよねぇ)
これでチャパティ等、色々作ってみました。本場インドの味を堪能出来ます。直火で炙って「プワ〜〜〜」と生地が膨らんだ時の、あの達成感。チャパティ、プーリ、パラタ、サモサ等インド粉モンを作るなら、やはりアタがオススメです。
リタ様 
インドで食べた味を期待してたのですが・・・
何かが足りないような気がします。
皆さんは何か入れてるんでしょうか?
インドで食べたのはそのまま食べても美味しかったのですが・・・
sona様 
チャパティを焼いてみました。まだコツがよくつかめなくて,丸く伸ばす時に手についてしまいましたが,何とかできました。噛みしめると小麦の味がしてとても美味しいです。お菓子などにも使えそうです。
商品が届き、早速レシピを見ながら作ってみましたが、大変おいしいチャパティが出来ました。若い頃山登りでネパールへ長期滞在したときに食べた味を思い出し、懐かしく頂くことが出来ました。また注文します。欲を言えば2kg入りのパッケージが有れば最高です。
早速チャパティを作りました。自分の腕前はまだまだ未熟なのに、味はちゃんとチャパティだった!生地にいろいろスパイスを混ぜて作ると更に美味しさUPです。これも常備食材決定です。


レビューを全部見る
カートに商品が入りました
アタ粉 Atta 【1Kg】を履歴に入れる
仏像
(43)
(23)
帽子
(218)
食器
(323)
飲料
(148)
財布
(78)
数珠
(54)
まだログインしていません。発送情報等を見るにはログインしてください。
ログインページ
初めての方へ
お支払い方法
配送方法と送料
返品・交換
お買い物の流れ
個人情報の取扱
寄付

会社概要
特定商取引法

卸のお問合わせ
メルマガ
アフィリエイト
ヘルプ
サイトマップ
今までの閲覧履歴

今までの閲覧履歴