民族楽器

商品数:10871種類、190391個  うち民族楽器:1202種類 レビュー:24218件
民族楽器
民族楽器のヘッダ インド雑貨 アジアン雑貨 ティラキタへ インド雑貨 アジアン雑貨 ティラキタへ
今ご注文いただくと3月29日(明日)発送予定です。
パソコンでのお問い合わせ・ご注文は
24時間・年中無休
電話での問い合わせ、注文は(10:00-17:00)
046-875-3668

民族楽器 通販 店-ティラキタへようこそ

民族楽器-レイアウト用縦線  
  • 民族楽器ヘッダ1民族楽器ヘッダ2
    すぐに鳴らせるオススメ民族楽器特集
    すぐに鳴らせるオススメ民族楽器特集シンギングボウル管楽器 バンスリ シャハナーイディジュリドゥ
    レインスティックチャイム
    最新! 新入荷した民族楽器
    新入荷1
    ハンドペイント・トライバル・ジャンベ (高さ 50cm
    3月28日新入荷!
    ■西アフリカの伝統的な太鼓
    ジャンベは、西アフリカの伝統的な太鼓ですが、近年ではその世界的な人気からインドや、イ
    新入荷2
    バリのガラガラ アンクレットシェイカー
    3月27日新入荷!
    ■足につけて楽しい。
    赤道直下の国インドネシアからやってきた楽しい楽器です
    新入荷3
    スリン(小)
    3月27日新入荷!
    バリでガムランと一緒に演奏したり、もちろんそれ単体でも演奏されるスリンと呼ばれる縦笛です
    新入荷4
    現地土産のミニガムラン - 大
    3月27日新入荷!
    バリのおみやげ用に売られているおもちゃのガムランです
    新入荷5
    ハンドペインティング・バンブーディジュリドゥ
    3月23日新入荷!
    ■大地の響き
    ディジュリドゥとは、オーストラリアの先住民、アボリジニの民族楽器で、世界最古の木管楽器といわれて
    新入荷6
    7弦ココナッツカリンバ 【ナチュラル・小】
    3月22日新入荷!
    ■天然素材の楽器
    素朴で優しい音色が涼しげな、ココナッツ製のカリンバです
    新入荷7
    バリのお寺で使われる手持ちベル
    3月22日新入荷!
    ■美しいハンドベル
    グンターと呼ばれる、バリ島の手持ちベルです
    新入荷8
    エッグシェイカー[青]
    3月22日新入荷!
    ■ころりと可愛いシェイカー
    思わず握りたくなる卵の形のシェイカーです
    新入荷9
    コツコツ坊や
    3月22日新入荷!
    ■コツコツ坊やと遊ぼう
    ガラガラみたいなインドネシアのおもちゃです。可愛い子供の姿をしています
    新入荷10
    バリのゲロゲロ笛【木目】
    3月22日新入荷!
    ■田んぼに住むカエルの声
    バリからやってきたゲロゲロ笛です
    新入荷11
    7弦ココナッツカリンバ 【カラフル太陽柄】
    3月22日新入荷!
    ■天然素材の楽器
    素朴で優しい音色が涼しげな、ココナッツ製のカリンバです
    新入荷12
    ロータリーパーカッション 【木目】
    3月22日新入荷!
    柄を持って、グルグルと回転させてみてください。歯車が板をはじいて、「バチバチバチッ。」と勢いのいい音が鳴ります

    • 今売れたインド雑貨・アジアン雑貨

    民族楽器 カテゴリ一覧

    サイドの画像
    ミノリ様
    評価:5(5/5)

    綺麗な音色でとても癒されます。私はフルートの経験がないので初めは音も出ませんでしたが、毎日触ってると自分でも少しづつ上達しているのがわかります。 楽しいです。買ってよかったです。

    がねこ様
    評価:5(5/5)

    日本にも同じようなおもちゃがあったなぁとほっこりする品です。 泣いている赤ちゃんに試したくなります。 また、ピアスをしていたり、紅をさしているように見えたりとデザインもお母さんなのかなと愛らしい品です。

    ガネ子様
    評価:5(5/5)

    届いてからずっと、パンダのように寝転んで、音に聞き入っています。レインスティックを仕入れてくれた店長さん、ありがとう!レインスティックの音は聞く人を癒してくれます。仕事で疲れたとき、悲しい時、きっと心をなだめてくれることでしょう。もう、離せません。

    つきえ様
    評価:4(4/5)

    こちらは木に着色はせずそのままで、さわり心地が良いです。ならすとやっぱり可愛い鳴き声を奏でます。飾っておくだけでも、カエル好きにはたまらない逸品ですね。小の方と並べて飾っています。お子さんのおもちゃにもいいと思います。 ただ、棒を引き抜いて、しまおうとすると、なぜかどうやっても元の通りに刺さりま...

    パコ様
    評価:5(5/5)

    写真通りの色の皮が届きました。初めての張り替え、右も左もわからず、皮だけのものを見たことがなかったので、少し波打ってるけど大丈夫なのかなあ?と思いましたが、ピンッと張ってタコ糸をそっと滑り込ませたらバッチリ長いサステインの効いた音が出ました。張り替えに使ったのはティラキタの細身のタブラハンマーで...

    柏木佐知子 様
    評価:5(5/5)

    思ったより高いクリアな音が します。ヤギの皮で作られているとか。命の重みも感じます。バチが軽いので連打しやすいです。


    民族楽器 はこれが人気! TOP12


    12
    タブラの皮
    タブラの皮
    4190円
    タブラの皮の評価(10)


    シンギングボール,仏教,楽器,瞑想
    タブラ
    民族楽器,打楽器
    シンギングボール,仏教,楽器,瞑想
    民族楽器,打楽器
    ディジリドゥ

    民族楽器の原産地と民族楽器について

    インドの民族楽器

    インドは北はヒマラヤの雪国から南はヤシの木の生い茂る南国まで幅広く、そこに住む人々も多種多彩ならば、音楽もまた多様です。インドの古典音楽に使われる民族楽器は北インド系統のヒンドゥースタニと南インド系統のカルナータカの大きく2つに分かれています。

    北インドのヒンドゥスタニ音楽ではシタールやタブラが主に使われ、1つの旋律楽器と1つのリズム楽器の組み合わせで演奏されることがほとんどです。旋律楽器はシタールだけでなく、サントゥール、バンスリ、エスラジ、スルバハールなどが使われます。リズム楽器は多くの場合、タブラが使われます。また、演奏中にずっと流れている音ドローンを演奏するためにタンプーラが使われます。

    南インドのカルナータカ音楽の場合、1つの旋律楽器と1つのリズム楽器の組み合わせと言う大筋は同じであるものの、ヒンドゥースタニ音楽よりもヴォーカルに重きがおかれ、ボーカリストとムリダンガムと言う組み合わせがよく見られます。民族楽器別に見ると、カルナーカタ音楽の旋律楽器は北インドと同じシタールなども使われますが、バイオリンやヴィーナ、サックス、マンドリンまで使われ、楽器の自由度がより高いのが特徴です。リズム楽器は壺を叩くガタムや、ムリダンガム、トカゲ皮のカンジーラ、口琴のモルチュンなどが使われます。カルナータカならではの民族楽器が多く、バリエーションも豊富です。

    ネパールの民族楽器

    ネパールは8000m級の山を多く抱くヒマラヤの国。国土は急峻で険しく、平らな所はインド側にしかありません。ネパールはインドとチベットに挟まれた地理的な関係上、インド文化とチベット文化が程よくミックスし、そこにネパールの独自の文化がエッセンスとして振りかけられた混血の味わいのある文化となっています。

    使われている民族楽器にもそれがよく現れていて、シタール、タブラ、バンスリにシャハナーイと言った、北インドそのままの楽器がが使用されています。チベットからの影響として、シンギングボールやラッドンと呼ばれるチベタントランペットが見られます。

    ネパール独自の民族楽器としては土着のシンプルな楽器が多く、クオリティもイマイチなので当店ではあまり仕入れていませんがネパールのサーランギ、ネパール独自のバンスリ、マダルと呼ばれる打楽器などが挙げられます。

    インドネシアの民族楽器

    インドネシアは赤道直下に位置し、横に5000Km伸びる大変長い国です。多くの島を合わせた形で国土が形成されていますので、島ごとに独自の文化があり、独自の音楽があります。その中でも特に文化芸能が盛んなのがバリ島です。ヒンドゥー教を信じるバリ島では、イスラム教を信じるジャワとはまた違った音楽文化が花開き、多くの民族楽器が使用されています。

    バリ島の民族楽器としては、金属を打って音を出すガムランが有名ですが、楽器の素材として竹が手に入りやすいのか、竹笛のスリン、竹で作った楽器であるアンクルン、これまた竹で作った大きな楽器ジェゴグなど、竹の民族楽器が多いのが特徴です。

    タイの民族楽器

    タイの民族楽器には北東タイのイサーン地方に伝わるケーンを始めとして、撥弦楽器のヂャケー、擦弦楽器のソードゥアン、ハンマーダルシマーのキム、円形の銅鑼のセットであるコーンウォンレックなど、多種多様な楽器があります。ただ、その民族楽器の多くは地方に行かないと手に入らないことが多く、入手が大変難しいのが実情です。当店でも色々なタイの民族楽器の仕入先を探していますが、タイについてはいまだ発見できていません。

    代表的な民族楽器について

    シタール

    民族楽器の代名詞とも言えるシタール。シタールは主に北インドで演奏されていて、南インドで演奏される事はあまりありません。シタールは全長1.2Mほどで、弦は上下に二層に分けて張られています。弦の種類はスチール弦で、何音階にも渡ってミード(弦を引っ張って音程を上げる事)をするために一番メインの弦の下にはなにも弦は張られていません。弦は全部で17本から22本張られますが、その数は流派によって異なります。演奏する時は主に上層の弦を弾き、下層の弦は共鳴弦となります。この共鳴弦の音が大変、民族楽器らしいですよね。シタールの1番下部の大きな膨らんでいる所はトゥンバと呼ばれ、南瓜もしくは瓢箪で作られています。

    タブラ

    もう一つの民族楽器の代名詞、インドが誇る素晴らしく洗練された楽器の一つであるタブラは、2つの太鼓がセットになった世界でも珍しい種類の太鼓です。別々に呼ばれる時は、小さな方はタブラ又はダヤン、大きな方はバヤンと呼ばれます。

    タブラは単純な2つの太鼓のセットですが、この2つの太鼓から何十種類もの音と、1オクターブに近い音階を出すことが出来るいわば魔法の打楽器。単純なだけに奥が深く、生涯を通じて付き合っていくのにふさわしい民族楽器です。

    ディジュリドゥ

    ボウボウと不思議な音の出る民族楽器ディジュリドゥは元来、オーストラリア、アボリジニの人たちがシロアリに食べられたユーカリの木を斧で切ってそのまま楽器にしたものです。いまでも本物を求めるディジュリドゥ吹きはアウトバックと呼ばれるオーストラリア北部のノーザンテリトリーに行き、自分だけのディジュを入手し、練習してきます。

    カートに商品が入りました
    仏像
    (49)
    (24)
    帽子
    (219)
    食器
    (298)
    飲料
    (162)
    財布
    (81)
    数珠
    (53)
    まだログインしていません。発送情報等を見るにはログインしてください。
    ログインページ
    初めての方へ
    お支払い方法
    配送方法と送料
    返品・交換
    お買い物の流れ
    個人情報の取扱
    寄付

    会社概要
    特定商取引法

    卸のお問合わせ
    メルマガ
    アフィリエイト
    ヘルプ
    サイトマップ
    今までの閲覧履歴

    今までの閲覧履歴