インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップ の通販 - TIRAKITA.COM

インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップ

商品数:6756種類、279866個 レビュー:63125件
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップ 通販店
インド雑貨 アジアン雑貨 ティラキタへ インド雑貨 アジアン雑貨 ティラキタへ
ブランド: TIRAKITA ( ティラキタ )
カディコットンで作られた
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップ
価格:980円(税込 1078円)

5個で1つあたり686円に!
4900円→3430円(1470円お得です)
■メール便送料商品■
こちらの商品はメール便で発送が可能な商品です。
こちらの商品は合計4800円以上のお買い上げで送料無料となります。

ぜひ他の送料無料対象商品も併せてご覧くださいませ。
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップを購入すると貰えるポイント10ポイント 
今ご注文いただくと2月8日(明後日)発送予定です。
商品番号:ID-TARBN-266
在庫あり

インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップの説明

■インドの指導者マハトマ・ガンジー考案
ガンジー帽はインドの指導者マハトマ・ガンジーが考案し、インド独立運動の際に初めて普及させたことから、その名がついたカディコットンで作られた帽子です。
インドでは、ガンジーを仰ぐ独立運動家がよく着用し、独立後のインドでは政治家や政治活動家が着用する象徴的な伝統となりました。現在でも大衆運動には、あらゆる年齢層、宗教、社会的地位(主に中流階級)の人々が参加し、その多くがガンディーの帽子をかぶっています。

ガンジーは、インド各地の帽子をいくつか見て、暑いときに頭を覆うことができ、ポケットに入れやすい帽子をデザインしたいと思ったそうです。白い服は定期的に洗うことができ、洗濯しやすいとされているため、コットンを採用し作ったと言われています。

■“The Fabric of Freedom”と呼ばれるカディコットン
カディコットンとは、別名“The Fabric of Freedom”と呼ばれるインドの手紡ぎ、手織りの生地のことです。
インド独立の父と言われインドの人々に現在でも愛され親しまれている、マハトマ・ガンディーの独立・自立・自由の思想が詰まった、まさに自由の象徴の布と言われインドの国民から愛されている日用品のひとつです。

織りムラや不均一な風合いが独特のカディコットン。
糸を作りその糸を織るところから手作りなので、手紡ぎならではの温かい風合いを感じることができます。
チャルカと呼ばれる糸車を使い、ひと織ひと織り丁寧に紡がれた布は仕上がるまでに気が遠くなるような長い時間をかけながら、温かみのある独特な風合いを作り出していくのです。

■インドの手仕事文化の継承
ほかの地域の綿に比べて、インド綿は繊維がしっかり太く、コシが強いのが特徴です。
弾力性や耐久性に富み、様々な商品の原料として幅広く使用されてきました。
そんなインド綿(木綿)はインドにとって、文化的にも民族的にも国家的にも最も大事な産品のひとつで、古代から近世にかけて、世界最大の綿織物の生産地であったインドは、綿花を栽培し、木綿を紡ぎ、機織りした織物を交易によって西洋に輸出していきました。
しかしながら、その状況を一変させたのが18世紀半ばから始まった産業革命とイギリスのインド植民地支配で、その支配により、インドの綿織物産業の衰退が始まっていきます。そして、それに立ち向かったのが【マハトマ・ガンディー】です。自分たちの手仕事文化を守るために、綿を手紡ぎし、手織りの布を広めていきました。その行動によって、人々は仕事が与えられ、インドの独立に貢献したと言われています。

インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップのデータ

ブランド TIRAKITA ( ティラキタ )
サイズ
かぶり口(通常?伸ばした状態):約60cmくらい(伸縮性なし) 幅:約7.5cm程度
素材コットン
備考ハンドメイドしている為、若干ほつれなどがある場合がございます。また、同じコットンではありますが糸の太さなど多少の個体差がありますのでご了承くださいませ。
【大ロットでの購入について】飲食店様、雑貨店様など、業務用の数の多いご注文も大歓迎です。在庫がある分は即納できます。ご希望の方はお気軽にご相談ください。
商品サイズ約1cm x 30cm x 7.50cm 約25g
返品交換についてこの商品はお客様都合での返品交換が可能です。商品到着より30日以内にご連絡ください。未使用であれば返品交換ができます。詳しくは返品・交換についてをお読みください。
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップの商品写真 1枚目 インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップです
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップです
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップの商品写真 2枚目 通常はこのようにぺったんこの状態です。
通常はこのようにぺったんこの状態です。
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップの商品写真 3枚目 このように広げて使用します。
このように広げて使用します。
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップの商品写真 4枚目 裏側から撮影してみました。
裏側から撮影してみました。
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップの写真
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップです
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップ 2 - 通常はこのようにぺったんこの状態です。
通常はこのようにぺったんこの状態です。
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップ 3 - このように広げて使用します。
このように広げて使用します。
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップ 4 - 裏側から撮影してみました。
裏側から撮影してみました。
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップ 1インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップ 2 - 通常はこのようにぺったんこの状態です。インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップ 3 - このように広げて使用します。インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップ 4 - 裏側から撮影してみました。
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップをツイートするインドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップをFacebookでシェアするインドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップのレビューを書く
ログイン後にシェアでポイント還元をしています。詳しくはシェアしてお得にお買い物をご覧ください

商品番号:ID-TARBN-266
在庫: あり

カディコットンで作られた

インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップ

価格:980円(税込 1078円)

5個で1つあたり686円に!
4900円→3430円(1470円お得です)
■メール便送料商品■
こちらの商品はメール便で発送が可能な商品です。
こちらの商品は合計4800円以上のお買い上げで送料無料となります。

ぜひ他の送料無料対象商品も併せてご覧くださいませ。
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップを購入すると貰えるポイント10ポイント 
今ご注文いただくと2月8日(明後日)発送予定です。

インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップの説明

■インドの指導者マハトマ・ガンジー考案
ガンジー帽はインドの指導者マハトマ・ガンジーが考案し、インド独立運動の際に初めて普及させたことから、その名がついたカディコットンで作られた帽子です。
インドでは、ガンジーを仰ぐ独立運動家がよく着用し、独立後のインドでは政治家や政治活動家が着用する象徴的な伝統となりました。現在でも大衆運動には、あらゆる年齢層、宗教、社会的地位(主に中流階級)の人々が参加し、その多くがガンディーの帽子をかぶっています。

ガンジーは、インド各地の帽子をいくつか見て、暑いときに頭を覆うことができ、ポケットに入れやすい帽子をデザインしたいと思ったそうです。白い服は定期的に洗うことができ、洗濯しやすいとされているため、コットンを採用し作ったと言われています。

■“The Fabric of Freedom”と呼ばれるカディコットン
カディコットンとは、別名“The Fabric of Freedom”と呼ばれるインドの手紡ぎ、手織りの生地のことです。
インド独立の父と言われインドの人々に現在でも愛され親しまれている、マハトマ・ガンディーの独立・自立・自由の思想が詰まった、まさに自由の象徴の布と言われインドの国民から愛されている日用品のひとつです。

織りムラや不均一な風合いが独特のカディコットン。
糸を作りその糸を織るところから手作りなので、手紡ぎならではの温かい風合いを感じることができます。
チャルカと呼ばれる糸車を使い、ひと織ひと織り丁寧に紡がれた布は仕上がるまでに気が遠くなるような長い時間をかけながら、温かみのある独特な風合いを作り出していくのです。

■インドの手仕事文化の継承
ほかの地域の綿に比べて、インド綿は繊維がしっかり太く、コシが強いのが特徴です。
弾力性や耐久性に富み、様々な商品の原料として幅広く使用されてきました。
そんなインド綿(木綿)はインドにとって、文化的にも民族的にも国家的にも最も大事な産品のひとつで、古代から近世にかけて、世界最大の綿織物の生産地であったインドは、綿花を栽培し、木綿を紡ぎ、機織りした織物を交易によって西洋に輸出していきました。
しかしながら、その状況を一変させたのが18世紀半ばから始まった産業革命とイギリスのインド植民地支配で、その支配により、インドの綿織物産業の衰退が始まっていきます。そして、それに立ち向かったのが【マハトマ・ガンディー】です。自分たちの手仕事文化を守るために、綿を手紡ぎし、手織りの布を広めていきました。その行動によって、人々は仕事が与えられ、インドの独立に貢献したと言われています。

インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップのデータ

ブランド TIRAKITA ( ティラキタ )
サイズ
かぶり口(通常?伸ばした状態):約60cmくらい(伸縮性なし) 幅:約7.5cm程度
素材コットン
備考ハンドメイドしている為、若干ほつれなどがある場合がございます。また、同じコットンではありますが糸の太さなど多少の個体差がありますのでご了承くださいませ。
【大ロットでの購入について】飲食店様、雑貨店様など、業務用の数の多いご注文も大歓迎です。在庫がある分は即納できます。ご希望の方はお気軽にご相談ください。
商品サイズ約1cm x 30cm x 7.50cm 約25g
返品交換についてこの商品はお客様都合での返品交換が可能です。商品到着より30日以内にご連絡ください。未使用であれば返品交換ができます。詳しくは返品・交換についてをお読みください。
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップの原産国
インド
インド
インドは大変面白い国ですが、その中でもインドパパが気になっているのがインドのゴミ箱です。写真のお猿さんもゴミ箱なのですが、やる気のない変な顔が凄くポイントになっています。

他にも、バスケットゴール型や、魚型など、数々の変わったゴミ箱がインドにはあるんですよ。
購入数
 
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップ
980
+税
インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップの商品写真
カートに入れる

インドの指導者マハトマ・ガンジー考案 ガンジーキャップの評価 (合計:1件)

yujin様 ☆
形としては、板前さんが被るような和帽子と似ていると思います。インドが先だったのか、日本が先だったのか、あるいは、別々の場所で偶然同じ形の帽子が誕生したのか?興味深いところですね。

さて、実物は商品の写真よりも、織り目が細かくて薄い生地を使っているようです。残念だったのは、シミや鉄錆のような汚れがあったことです。洗濯してから使った方が良さそうです。



レビューを全部見る
ティラキタ楽天店 ティラキタYahoo!Shopping店
ポイ
(17)
仏像
(44)
(13)
帽子
(72)
飲料
(114)
(12)
財布
(34)
数珠
(38)
まだログインしていません。発送情報等を見るにはログインしてください。
ログインページ
初めての方へ
お支払い方法
配送方法と送料
返品・交換
お買い物の流れ
よくある質問-FAQ
個人情報の取扱
寄付
会社概要
特定商取引法
卸のお問合わせ
メルマガ
アフィリエイト
サイトマップ

欲しい物リストへ

お問い合わせ