ディジュリドゥの吹き方・選び方・通販

商品数:7106種類、211095個 レビュー:52454件
ディジュリドゥの吹き方・選び方・通販 - TIRAKITA.COM
今ご注文いただくと10月27日(明日)発送予定です。
パソコンでのお問い合わせ・ご注文は
24時間・年中無休

  • 民族楽器 (1935)
  • ディジュリドゥの吹き方・選び方・通販(9)


    ■ディジュリドゥの歴史


    ディジュリドゥはオーストラリアの原住民族アボリジニーの民族楽器で、アボリジニーの中ではイダキやマゴ、イギイギなどと地域によって様々な呼ばれ方をしています。ディジュリドゥに関して確かな文献はなく、その歴史は1000年とも2000年とも、はたまた数千年、数万年とも言われています。

    ディジュリドゥはアボリジニーにとって神聖な楽器で、精霊と交信をする儀式で使われてきました。また儀式のみならず病気や怪我の際に音を患部に当て、今で言う低周波治療のような使われ方もされていたようです。

    ディジュリドゥという名前の由来も様々な説があり、オーストラリアに入植した白人がその音を聞いて「ディジュリドゥ」と聞こえたからという説が有力視されています。

    他の説としては、英語の分からないアボリジニーが白人に「Where did you get it?」とディジュリドゥを指差して言われて、アボリジニーが訳もわからず「ディジュリドゥ」と反唱した言葉を白人が勘違いしたとも言われています。

    ■ノーザンテリトリーとディジュリドゥ


    オーストラリア中北部に位置するノーザンテリトリーという準州にはアーネムランドという場所があります。アーネムランドは6万年以上に渡りヨォルング族というアボリジニーによって所有されてきた場所とされています。またディジュリドゥが誕生した地と言われていて、ディジュリドゥの聖地としても有名な場所です。

    ヨォルング族のディジュリドゥ(イダキ)奏者にして製作者でもあるジャルー・グルウィウィという方がディジュリドゥの世界において国際的に有名で、日本のディジュリドゥ奏者として有名なGOMAさんや哲Jさんなどもこのジャルーを師事しています。

    ノーザンテリトリーのアーネムランドはディジュリドゥを語る上で欠かすことの出来ない場所です。

    ■ディジュリドゥの種類

    昨今は材質や形状など様々なディジュリドゥが出回っていますが、ここでは大きく3つの種類に分けて説明します。

    [オーソドックスタイプ]


    いわゆる長い筒状のタイプのディジュリドゥです。基本的にこのオーソドックスタイプがほとんどです。音質や吹き心地など、選択肢の多い中から選ぶ事ができます。

    ディジュリドゥスタンドなどもこのタイプに応じて作ってある物が基本です。スタンドを使えば手がフリーに使えるのでギターやドラムなど他の楽器と合わせてプレイする奏者もいます。

    ☆ディジュリドゥの王道です。

    [コンパクトタイプ]


    コンパクトタイプにはボックスタイプやスパイラルタイプのディジュリドゥがあり、持ち運びにとても便利です。

    また音の出口が自分の耳に近いので、出音が自分でよく聴こえるのが利点です。出音を近くで感じられるので他のディジュリドゥには無い気持ち良さがあります。

    ただ、このコンパクトタイプは種類がそんなに多く出回っているわけではないので、選択肢が少ないです。

    ☆旅のお供や練習にオススメです。

    [スライドタイプ]


    スライドタイプは見た目や形状としてはオーソドックスタイプと同じなのですが、文字通りスライドして長さを変える事ができます。
    長さに応じて音の高さ(キー)が変わるので、ディジュリドゥの特徴であるキーを変える事が出来ないネックを解消してくれます。
    キーを変える事で生まれる創造力やセッションの時に他の奏者にキーを合わせる事が出来るのが利点です。
    コンパクトタイプのディジュリドゥと同様に種類がそんなに多く出回っているわけではないので、こちらも選択肢が少ないです。

    ☆セッションや既存の曲などに合わせてプレイする時にオススメです。

    ■ディジュリドゥの吹き方

    ディジュリドゥは見た目から木管楽器と思われがちですが、発音原理から金管楽器に分類される楽器です。
    吹奏楽でいうところのチューバやトロンボーンがイメージに近いです。

    なのでディジュリドゥにはリードなどは無く、基本的に唇の振動によって音が出ます。

    ディジュリドゥは演奏方法によって様々な音を表現する事ができますが、
    今回はディジュリドゥの基本的な音であるドローンの出し方について解説します。

    ドローンは一番基礎的な音で、ディジュリドゥと聞いて先ず思い浮かべるビヨーーンだったり、ブォーーンという音です。

    まずは唇の力を抜き、リラックスした状態にします。

    唇をリラックスさせたまま、口角を横に引っ張るイメージで、唇の両端に少しだけ圧をかけます。
    この時唇全体が力まないように注意しましょう。

    その状態をキープしたまま、唇の中心から息を出すと、唇がブルブルと振動します。
    この時に唇に圧がかかりすぎていたり、圧が弱すぎたりすると、ブルブルという振動にはならないので注意しましょう。

    ③でやった事をディジュリドゥの吹き口に口をつけてやってみると、ドローンの音がなります。
    ディジュリドゥは一つ一つ吹き口の大きさや全体の形状などが違うため、それに伴って唇の圧のかけ具合や吹き込む息の量が違います。
    持っているディジュリドゥに合った圧のかけ具合を吹きながら探してみましょう。

    詳しくは下記リンクに解説動画があるので、是非ご覧ください。



    ■ディジュリドゥの練習方法

    ディジュリドゥの練習方法としてオススメなのものを一つ紹介します。

    この練習法はディジュリドゥを使わないので、お風呂の中や出先でディジュリドゥを持ってない時など、様々なシュチュエーションで出来ます。

    先ず前述したドローンの出し方で唇をブルブル振動させます。

    ①をやりながら、口角を横に引っ張るイメージで少しずつ圧をかけていきます。
    圧をかける強さに応じて、唇の振動がどんどん小刻みになっていき、音が高くなっていきます。
    ブルブル→ビリビリ→ビーーといった感じで音が変化していきます。
    この時に唇の振動が止まらないように注意しましょう。

    唇が振動する限界まで圧をかけたら、次は②の逆で唇の圧を抜いていきます。
    この時も唇の振動が止まらないように注意しましょう。

    ①〜③を早いスピードや遅いスピードで繰り返し行いましょう。
    注意点は音を止めない事、そしてスムーズに音が変化してグラデーションしていく事です。

    この練習をする事で唇の圧のかけ方がより精密になり、より柔らかく唇を使えるようになります。

    ■ディジュリドゥの選び方

    ディジュリドゥは一つ一つ違った個性を持っているので、自分に合った物を探す楽しみがあります。

    自分の好みに合った音質で選ぶのは大前提の上で、音質以外の要素で選ぶ参考になるポイントを3点解説します。

    ポイント① : 音の高さ(キー)

    それぞれのディジュリドゥには基本音となるキーが決まっています。
    基本的にディジュリドゥはキーが変えられないと思っててください。
    一概には言えませんが、ディジュリドゥの長さが短くなるほど音が高くなり、長くなるほど音が低くなる傾向があります。
    自分の好みのキーを探してみてください。
    または自分の持っている他の楽器のキーや音楽仲間の持っている楽器のキーに合わせて選ぶのもセッションする楽しみが増えてオススメです。

    ポイント② : バックプレッシャー

    バックプレッシャーとはディジュリドゥの音を出す時にとても重要な要素の一つです。
    これは吹く時に吹き口から返ってくる圧力のようなものです。バックプレッシャーがあるほど音を出す時に必要な空気量が少なく済むので楽に音を出す事ができます。

    一概には言えませんが、キーが低くなる程バックプレッシャーが弱くなり、キーが高くなる程バックプレッシャーが強くなる傾向があります。初心者の方はあまり低すぎないキーのディジュリドゥ(E〜F)を選ぶ事をオススメします。

    ポイント③ : 材質

    昨今のディジュリドゥは木製からはじまり竹製やFRP(グラスファイバー)、PVC(プラスチック)など様々な材質があります。木製や竹製のものはそのディジュリドゥが持つオンリーワンの音や個性が魅力です。

    自分に合った世界で一つのディジュリドゥとの出会いがある一方で、木製のディジュリドゥは物理的な衝撃のみならず、湿気や気圧、温度など、環境によってはクラック(ヒビ割れ)が生じる場合があるので、保管や持ち歩きには気をつけましょう。

    特に急激な気温や湿気の変化、飛行機での移動は気をつけましょう。また音をだす環境の湿気などによって音もすこし変化する事があります。

    FRPやPVCは軽くて丈夫なので保管や持ち歩きは木製に比べてイージーです。湿気などによるクラックや音の変化も無いので、安定して音をだす事ができます。初心者の方がとりあえず買ってみる一本としてはFRP製やPVC製のディジュリドゥはオススメです。

    自分の使用用途や好みに合わせて選ぶ参考にしてみてください。

    素敵なディジュリドゥライフを☆

    竹製のディジュリドゥ


    「ボォボォ」という重低音が心地よい、アボリジニ発祥の管楽器です。こちらは高価なユーカリ製ではなく、バリ島の竹やチーク材で作られた自然素材のディジュリドゥです

    ディジュリドゥ PVC製

    重低音が心地よい、アボリジニ発祥の木管楽器ですが、最近は塩ビ管で作ったPVC製の物も吹き心地や、音が良いと好まれています。PVC製のディジュはとにかく音が鳴らしやすく、またバックプレッシャーも適当にあり、初心者の方でも簡単に音を出す事が出来るのですね。

    また、重量も非常に軽く、乾燥による木割れなども発生しないのでメンテナンスも楽チン。ティラキタ店長も最初は、PVC製なんて…と思っていたのですが、やってみたらとても楽しく、一日中吹くほどハマってしまいました

    ディジュリドゥ ボックス


    チベットのホルン

    ラマ(高僧)を迎える時に吹奏されるチベットのホルン。チベット語では「ラッドン」、ネパール語では「カー」と呼ばれています。全てチベット人達の手作りで作られる、貴重で珍しい楽器です

    このビデオは外国人が撮影した物ですが、この楽器が製造される工程が非常によく説明されています
    ディジュリドゥの吹き方・選び方・通販を買った人はこんな商品も買っています

    ディジュリドゥの吹き方・選び方・通販の関連カテゴリはこちら
    シタールインドやタイの弦楽器を色々取り揃え
    タブラタブラ本体はもちろん、タブラマシン、タブラのパーツ、レッスンDVDなど
    バンスリインドやタイの管楽器を色々取り揃え
    すぐ鳴らせる民族楽器特集叩くだけで音が出る、簡単な民族楽器
    シンギングボウル 全部チベット密教伝統の法具。リラックスできるふしぎな音が出ます。

    レインスティック雨の音がする不思議な楽器レインスティック
    ハルモニウムインドのオルガン、ハルモニウムをそろえました
    クリスタルボウル水晶で作られたシンギングボウル。民族楽器の現代版です
    ディジュリドゥチーク製、竹製、PVC製を各種揃えました
    民族楽器のレッスンDVDと本民族楽器のレッスンDVDと本

    民族楽器の管楽器 全部民族楽器で、管楽器であるものを全部集めました
    民族楽器の打楽器 全部民族楽器で、打楽器であるものを全部集めました
    ガムランバリ島のガムランはインドネシアの民族楽器の中では一番有名
    銅鑼とベル古来より仏像などに使われているブラス製の銅鑼とベル
    チャイム軽く叩くだけで「コーン」と大変綺麗な音を出すチャイム系の民族楽器

    ディンシャとマンジーラバリ島のガムランはインドネシアの民族楽器の中では一番有名
    シェイカーシャカシャカと揺らすだけで簡単に音が出る楽しい楽器
    民族楽器の弦楽器 全部インドやタイの弦楽器を色々取り揃え
    タンプーラ楽器の伴奏や、声楽の音のガイドに
    サーランギ弓で弾くヴァイオリンのような弦楽器

    サントゥール元々はカシミール地方の民族楽器
    アンティック シンギング ボウル作られてから何十年もの時間がたっている一品もののボウル
    シンプル シンギング ボウル禅を感じさせる研ぎ澄まされた美しさ
    口琴見た目とは裏腹のビヨビヨ音が不思議な楽器
    ライトウェイト シンギング ボウルとっても鳴らしやすい丁寧な作りと、装飾が魅力

    チベタンシンギング ボウル職人によって文様が刻まれた、チベタンシンギングボウル
    PAとDJ機材のレンタルイベントや野外フェスへPA機材とDJ機材をレンタル
    ストレッチテントのレンタルと販売イベントや野外フェスへストレッチテントのレンタルと販売

    ポイ
    (19)
    仏像
    (64)
    (22)
    帽子
    (102)
    飲料
    (130)
    (18)
    財布
    (16)
    数珠
    (26)
    まだログインしていません。発送情報等を見るにはログインしてください。
    ログインページ
    初めての方へ
    お支払い方法
    配送方法と送料
    返品・交換
    お買い物の流れ
    よくある質問-FAQ
    個人情報の取扱
    寄付
    会社概要
    特定商取引法
    卸のお問合わせ
    メルマガ
    アフィリエイト
    サイトマップ
    今までの閲覧履歴

    今までの閲覧履歴