カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀

商品数:28万点 レビュー:71586件
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 通販店
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 1枚目の説明写真です
■ペルシャの影響を受けた芸術品■
ペーパーマッシュの歴史は、15世紀ごろまで遡ります。その頃サマルカンドで投獄されていたカシミール王子が、カシミールへ戻った際に導入されました。かなり長い時間を掛けてハンドメイドで作られています。とても手間を掛けて作られており、材料の紙が崩れるまで数日間かけて水に浸し、紙や稲藁などを合わせてパルプ状にします。それを木製や真鍮製等の型に入れた後、さらに数日かけて乾燥させていきます。

■キュートなアニマルモチーフたち■
オーナメントとしてオリエンタルな動物たちを型どりました。インドらしいモチーフが愛らしいです

■輪状の紐で簡単に取り付けできます■
フリンジが先端についた可愛い紐がついています。紐はオーナメントのフックに結ばれているだけですので、簡単に取り外しできます。

カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 4枚目の説明写真です
カシミール伝統の芸術品
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 1枚目の説明写真です
■ペルシャの影響を受けた芸術品■
ペーパーマッシュの歴史は、15世紀ごろまで遡ります。その頃サマルカンドで投獄されていたカシミール王子が、カシミールへ戻った際に導入されました。かなり長い時間を掛けてハンドメイドで作られています。とても手間を掛けて作られており、材料の紙が崩れるまで数日間かけて水に浸し、紙や稲藁などを合わせてパルプ状にします。それを木製や真鍮製等の型に入れた後、さらに数日かけて乾燥させていきます。

■キュートなアニマルモチーフたち■
オーナメントとしてオリエンタルな動物たちを型どりました。インドらしいモチーフが愛らしいです

■輪状の紐で簡単に取り付けできます■
フリンジが先端についた可愛い紐がついています。紐はオーナメントのフックに結ばれているだけですので、簡単に取り外しできます。

カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 4枚目の説明写真です
980円(税込 1078円)
■メール便送料商品■
こちらの商品はメール便で発送が可能な商品です。
こちらの商品は合計4800円以上のお買い上げで送料無料となります。

ぜひ他の送料無料対象商品も併せてご覧くださいませ。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 を購入すると貰えるポイント10ポイント 
8時(1時間10分後)までにご注文いただくと、今日発送できます。
商品番号:ID-CFLSP-499
在庫あり
こちらの商品は限定品です。売切後の再入荷はありません

カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 の説明

■ペルシャの影響を受けた芸術品
こちらは紙を小さく小さくちぎり糊で合わせた型に、職人による美しい装飾を施したカシミール地方伝統のペーパーマッシュのオーナメントです。
ペーパーマッシュの歴史は、15世紀ごろまで遡ります。その頃サマルカンドで投獄されていたカシミール王子が、カシミールへ戻った際に導入されました。
その為、花や鳥、アラベスクなどがデザインに取り入れられペルシャの影響を強く受けています。カシミールの雄大な山々、美しい湖。周りを取り巻く豊かな自然の中で育まれた芸術品です。

■とても手間をかけて作られています
まず、材料の紙が崩れるまで数日間かけて水に浸し、紙や稲藁などを合わせてパルプ状にします。それを木製や真鍮製等の型に入れた後、さらに数日かけて乾燥させていきます。
乾燥したら表面を研磨などを行い形を整えベースができあがったら下地を塗り、職人が筆を使い丁寧に彩画していきます。
最後に、特徴的な光沢仕上げが施されているので光を受けると独特の輝きがあり、一層絵が引き立ちます。

■インテリアにプラスして
オーナメントとして壁に飾ったり引っ掛けてみたり。クリスマス時期はツリーを飾るためにも大活躍!キュートな色合いと愛らしいお顔の動物たちは、いつ見ても可愛いです♪

カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 のデータ

大きさ 厚み:約5.5cm 縦:約9.5cm 横:約7.5cm
重さ約20g
素材 パルプ
おことわり こちらの商品は、職人が一つ一つ手作業で作っていますので、模様やサイズなどが写真とは一品づつ若干ことなります。手作り品の特性ですので、何卒ご了承くださいませ。
商品サイズ約1cm x 8cm x 10cm 約20g
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 の商品写真 1枚目 カシミール伝統のペーパーマッシュのオーナメントです。
カシミール伝統のペーパーマッシュのオーナメントです。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 の商品写真 2枚目 拡大してみました。
拡大してみました。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 の商品写真 3枚目 拡大してみました
拡大してみました
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 の商品写真 4枚目 厚みがあります。
厚みがあります。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 の商品写真 5枚目 裏側も同じ模様が描かれています。
裏側も同じ模様が描かれています。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 の商品写真 6枚目 フックに紐が結ばれています。
フックに紐が結ばれています。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 の商品写真 7枚目 手に持ってみました。
手に持ってみました。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 の写真
カシミール伝統のペーパーマッシュのオーナメントです。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀  2 - 拡大してみました。
拡大してみました。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀  3 - 拡大してみました
拡大してみました
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀  4 - 厚みがあります。
厚みがあります。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀  5 - 裏側も同じ模様が描かれています。
裏側も同じ模様が描かれています。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀  6 - フックに紐が結ばれています。
フックに紐が結ばれています。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀  7 - 手に持ってみました。
手に持ってみました。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀  1カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀  2 - 拡大してみました。カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀  3 - 拡大してみましたカシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀  4 - 厚みがあります。カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀  5 - 裏側も同じ模様が描かれています。カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀  6 - フックに紐が結ばれています。カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀  7 - 手に持ってみました。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 をツイートするカシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 をFacebookでシェアするカシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 のレビューを書く
ログイン後にシェアでポイント還元をしています。詳しくはシェアしてお得にお買い物をご覧ください

商品番号:ID-CFLSP-499
在庫: あり

こちらの商品は限定品です。売切後の再入荷はありません
カシミール伝統の芸術品

カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀

980円(税込 1078円)
■メール便送料商品■
こちらの商品はメール便で発送が可能な商品です。
こちらの商品は合計4800円以上のお買い上げで送料無料となります。

ぜひ他の送料無料対象商品も併せてご覧くださいませ。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 を購入すると貰えるポイント10ポイント 
8時(1時間10分後)までにご注文いただくと、今日発送できます。

カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 の説明

■ペルシャの影響を受けた芸術品
こちらは紙を小さく小さくちぎり糊で合わせた型に、職人による美しい装飾を施したカシミール地方伝統のペーパーマッシュのオーナメントです。
ペーパーマッシュの歴史は、15世紀ごろまで遡ります。その頃サマルカンドで投獄されていたカシミール王子が、カシミールへ戻った際に導入されました。
その為、花や鳥、アラベスクなどがデザインに取り入れられペルシャの影響を強く受けています。カシミールの雄大な山々、美しい湖。周りを取り巻く豊かな自然の中で育まれた芸術品です。

■とても手間をかけて作られています
まず、材料の紙が崩れるまで数日間かけて水に浸し、紙や稲藁などを合わせてパルプ状にします。それを木製や真鍮製等の型に入れた後、さらに数日かけて乾燥させていきます。
乾燥したら表面を研磨などを行い形を整えベースができあがったら下地を塗り、職人が筆を使い丁寧に彩画していきます。
最後に、特徴的な光沢仕上げが施されているので光を受けると独特の輝きがあり、一層絵が引き立ちます。

■インテリアにプラスして
オーナメントとして壁に飾ったり引っ掛けてみたり。クリスマス時期はツリーを飾るためにも大活躍!キュートな色合いと愛らしいお顔の動物たちは、いつ見ても可愛いです♪

カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 のデータ

大きさ 厚み:約5.5cm 縦:約9.5cm 横:約7.5cm
重さ約20g
素材 パルプ
おことわり こちらの商品は、職人が一つ一つ手作業で作っていますので、模様やサイズなどが写真とは一品づつ若干ことなります。手作り品の特性ですので、何卒ご了承くださいませ。
商品サイズ約1cm x 8cm x 10cm 約20g
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 の原産国
インド
インド
よくインド人は「インドにはなんでもある」といいますが、確かにそのとおりで、世界一の金持ちから貧乏人まで、凄い善人から悪人まで色々。

日本では経済成長で知られるインドですが、貧富の差が激しいのもまた事実です。「スラムドッグミリオネア」と言う映画で描かれたように、スラムは大きく、ストリートチルドレンや、家なしの子達もいます。ティラキタでは公正で継続した取引を通じて、インドの人たちが豊かになるのを支えたいと思っています
購入数
 
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 1枚目の下部説明写真です
■ハンディクラフトの聖地カシミール
ティラキタ買付班、インドのカシミール地方に行ってきました。インドは広くて様々な文化が混在している国ですが、歴史的にも、地理的にも、そして文化的にもカシミールはその中でも独特です。

今回の話の舞台であるカシミールはアフガニスタンやタジキスタンに囲まれ、もはやインドというよりも中央アジアといったほうがしっくり来る場所です。地図のココの場所ですね。



カシミールを訪れた理由は、クオリティの高さで知られる素晴らしいハンディクラフトを取材するためでした。カシミールはハンディクラフトの宝庫で、カシミール絨毯を始めとして、ペーパーマッシュ製品たち、カシミヤ製品、カシミール家具など、一流の作家たちが腕を競い、芸術品の域に達した素晴らしい工芸品がたくさんあると聞いていたのです。

これから何回かに分けてカシミールのハンディクラフトの紹介をしていきますが、今回は、ティラキタでも取り扱っている可愛いペーパーマッシュ製品の工房を紹介します。

■ペーパーマッシュ製品ってどんなもの?
ペーパーマッシュの作り方を説明する前に、まずはペーパーマッシュ製品がどんな物であるか、ちょっと見てみましょう。カラフルで、丸っこくて可愛い製品たちで、とてもこれが「ペーパーマッシュ=紙を砕いたモノ」であるとは想像がつきませんよね。

でも、実はこの製品たちは全部、リサイクルされた古紙から作られているのです。古紙からどうやってこんな素敵なハンディクラフトが作られるのか…ティラキタ買付班がその秘密を取材してきました。


■ペーパーマッシュ職人 ムシュタールさんちを訪問する
今回はカシミールのペーパーマッシュを、ティラキタに輸出してくれているザヒッドさんが工房を案内してくれました。ザヒッドさんの車に乗り込み、程なくして到着したのは、シュリーナガル市内のマーケット。古い木造の建築物やモスクが立ち並び、とても雰囲気のある場所です。

いわゆるデリーやジャイプールあたりのインドとは雰囲気が全く違うことがわかりますでしょうか。オートリクシャが走っているのはインドらしいですが、家の作りが全く違いますね。

カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 7枚目の下部説明写真です

車を停め、てくてくと小道を歩いていくザヒッドさん。なんだかとっても異国情緒あふれる街並みです。木造が懐かしく、なんだか夢の中で見た事があるかのような可愛らしい風景。

カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 8枚目の下部説明写真です

ほどなくして、1軒の民家の前につくと「ここがペーパーマッシュの工房だよ」と言いながら中に入っていきます。外には看板もなく、ただの普通の一軒家で、案内人なしでは到底たどり着けません。

3階建ての素敵なおうちに入っていくと、お父さんのムシュタール バットさんと、そして娘さんのマヒダちゃんが出迎えてくれました。ムシュタールさんは、30年もの間、このペーパーマッシュの仕事をし続けているベテランの職人さんです。マヒダちゃんは、ムスリムらしく、べールをかぶった姿がチャーミングな娘さんです。



日本からやってきたのかい? ペーパーマッシュの作り方を教えてあげるよ!!!

と言いながら、ムシュタールさんが庭を案内してくれました。

まず、一番最初に見せられたのはこちらの紙くずでした。日本でも見かけるような普通の紙くずです。ざっくりと裁断されたコピー用紙の古紙がビニール袋の中に詰まっていました。「この古紙からペーパーマッシュ製品が作られるのだ」とムシュタールさん。

カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 9枚目の下部説明写真です

次に見せてもらったのは、古紙が容易にほぐれてパルプ状になるよう、水に漬けておくタンクです。こちらの黒いタンクの中に、最低一週間以上、古紙を漬け込んでおくとのこと。紙がぐちゃぐちゃになっているので、見た目はちょっといまいちですが…紙を柔らかくするために必要な工程なのですね。



古紙が十分に柔らかくなった頃合いを見計らって、古紙を米粉汁で1時間ほど煮込みます。古紙だけでなく、お米の粉を一緒に入れて煮ることで、出来上がったペーパーマッシュ製品に強度が出るのだそうです。夏場は1時間位で十分に柔らかくなりますが、氷点下20度にもなる冬場は、もっと長時間かかるとのこと。下の写真の銀色の鍋で煮込むのだそうです。

古紙と米粉汁が程よく煮込めたら、木製の杵を使って、紙の繊維を完全にバラバラにしてパルプ状にします。「ペーパーマッシュ=ぐちゃぐちゃの紙」と言う言葉通り、紙が完全にパルプ状になるまで根気よく杵で撞きつづけます。

ティラキタ買い付け班、杵を持たせてもらいましたが、すごく重く、片手だと数回上下させるのがやっとでした。ペーパーマッシュの原料を作るだけでも重労働!!

カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 10枚目の下部説明写真です


そして最後に、このような感じのパルプが出来上がります。

カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 11枚目の下部説明写真です

■どんな形も手で作ります!!
ムシュタールさんに、ペーパーマッシュのうさぎができるまでを見せてもらいました。ムシュタールさんの目の前には大きな水色のたらいがあって、その中に紫色をしたパルプが入っています。



ムシュタールさん、適量のペーパーマッシュを手に取って、丸い形を作り始めました。あっという間に、細長い猫っぽい形を作って、ちょんちょんと耳を作って出来上がり!!!! 一匹の猫を作るまでに必要な時間は1分半位でしょうか。ものすごく慣れた手つきで、どんどん作っていきます。


いくらハンディクラフトとは言っても、型に入れて大雑把に整形してから形を整えるのだろう…。それ位の効率化はしているだろうと思ったのですが。ムシュタールさん、型は使わず、完全にフリーハンドで形を作っていきます。

ティラキタ買付班も、試しに作らせてもらいました。「ただ紙を丸めるだけだよね?」と簡単に考えていましたが、実際に作ってみると、これがとても難しい!!! ムシュタールさんはいとも簡単に作ってるのですが、ティラキタ買付班には全然できません。5分かかって、なんとか似たようなものができましたが…

ははは! これじゃ売り物にはならないな。

と笑われる始末です。

猫の形に整形したものを乾燥させると、カチカチの状態になって、ペイントできるようになるのだそうですよ。そして乾燥すると色が変わるのだそうです。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 12枚目の下部説明写真です


乾燥させている光景を見せてもらいました。遠くにシュリナガル市内のどこからでも見えるハリ・パルバットフォートが見えますね。素敵な眺めです。夏場は屋上で乾燥させますが、冬は雪が降るので家の中に小さな小屋を作って、暖房を入れて乾燥させるとのこと。

カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 13枚目の下部説明写真です

■余った部品も完全リサイクル!!
工房訪問時にティラキタ買付班がびっくりしたのは、こちらのちょっとゴミに見える紙のこと。こちらはペーパーマッシュ製品を作る時に出た余り分なのですが、これもリサイクルされ、もう一度使われるのだそうです。余り分を取っておいて、もう1回ほぐし、水で溶かたら、もう1回材料として使えるのだとザヒッドさん。



とにかく何も捨てない、そして無駄がない。 現地を訪問してみたら、ペーパーマッシュ製品が究極のリサイクルプロダクトであることがよく見えてきました。

■乾燥した型に色を塗る
さて、形ができたところで、絵付けに入ります。
絵付けは絵付けで、また別の工房で作られていました。

ねえ、ザヒッド。教えてほしいんだけどね。カシミールのペーパーマッシュっていうのは、みんな、自分の家か小さな工房で作るものなの?

そうだよ。カシミールのハンディクラフト製品たちは、基本的には家の中でコツコツと作られるモノなんだ

ペーパーマッシュだけじゃなくて、カシミール絨毯も?

そうだよ。みんな、基本的には自分の家で作ってる。だから子供の面倒を見ながらでもできるし、自分のペースで仕事ができるんだよ。家内制手工業の伝統なんだよね。


次にティラキタ買付班が案内されたのは、ペーパーマッシュの色付けを行っているところでした。雰囲気のある素敵な建物の中に案内されました。素敵な建物のすぐ横に携帯の基地局があるのが現代的ですね。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 14枚目の下部説明写真です

素敵な壁の雰囲気の緑色の階段をてくてくと登り。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 15枚目の下部説明写真です

入ったお部屋の中はイスラームの美しさに溢れた素敵な空間でした。ゆっくりとした時間が流れる中、おじさんがゆっくりとペーパーマッシュに絵付けをしていました。



ペーパーマッシュは紙で作ってるから柔らかいと思いがちですが、実は相当丈夫で木にも負けない強度があります。もちろん紙から作られているので、水には弱いのですが、通常使用するぶんには割と大丈夫な丈夫さです。

一番最初にベースカラーを塗り、下絵であるアウトラインを描き始めます。おじさんのやっている工程はまさにアウトラインのところ。アウトラインの後、カラーシェーディングを付けていきます。


全て描き終わったらクリアーのラッカーで塗って出来上がり。ラッカーを乗せる工程は最低3回やるそうですよ。

こちらはまた別の工房で、ペイント作業をしているところの写真です。シンプルなペーパーマッシュにゴールドがとても映えますね。
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 16枚目の下部説明写真です


■人の手間で作られているペーパーマッシュ製品
さてさて、最初から最後までペーパーマッシュ製品の製作工程を見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

ただ「紙から作られているんです」って言うだけの製品ではなかったですよね…
むしろ、想像を遥かに超える手間がかかっている、特別なハンディクラフトでした。

実はティラキタ買付班も、「紙をどろどろにしたものから作られているらしいよ」位の認識だったのですが。実際に訪問して、その制作現場を目の当たりにすると、衝撃を受けるくらいの手間がかかっている特別なモノだったのでした。

最後にティラキタ買付版班とムシュタールさんご一家で写真を撮らせてもらいました!!
ムシュタールさん、マヒダちゃん、そして案内してくれたザヒッドさん、ありがとうございました!!!

カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀
980
+税
カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 の商品写真
カートに入れる

カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 の評価 (合計:1件)

クリスマスのオーナメントのような、かわいくてたくさん集めたくなります!
紙製のようですが、表面がツヤツヤしていて丈夫な感触です。横向きの孔雀モチーフは珍しいので、即買いしました。別バージョンもあれば購入したいです。



レビューを全部見る

カシミールのペーパーマッシュ - オーナメント - 孔雀 の類似商品

ティラキタ楽天店 ティラキタYahoo!Shopping店
ポイ
(16)
仏像
(42)
(18)
帽子
(63)
飲料
(101)
(7)
財布
(24)
数珠
(73)
まだログインしていません。発送情報等を見るにはログインしてください。
ログインページ
初めての方へ
お支払い方法
配送方法と送料
返品・交換
お買い物の流れ
よくある質問-FAQ
個人情報の取扱
寄付
会社概要
特定商取引法
卸のお問合わせ
メルマガ
アフィリエイト
サイトマップ

欲しい物リストへ

評価を見る